1. トップ
  2. コラム一覧
  3. レトロフューチャーと、想像とは違う現実

レトロフューチャーと、想像とは違う現実

投稿日 : 2016.12.20  |  カテゴリー : 雑記

column_20161220
illust via Retro-Futurismus
レトロフューチャーという言葉があります。

retro(懐古)でありfuture(未来)でもある不思議な組み合わせの言葉。
1900年代初期、科学技術がますます発展する中「未来の世界はこうなるのではないか?」と当時の人達が思い描いた、願望を含めた近未来の世界の想像図がありました。
それは近未来も近未来、まさに私達が生きる2000年代の想像図が多いように感じます。

そこに描かれる”未来の世界”は

  • 街中を縦横無尽に横断する謎のコース
  • 空を飛ぶ車や透明のチューブの中を走る車
  • まるでUFOみたいな空飛ぶ物体
  • ロボットと人間が当たり前に共存
  • 当然のように宇宙旅行も可能
  • 皆全身タイツ(?)の奇抜なファッション

とざっとまぁこのような世界でしょうか。
現在の私達が目にすると「いやいやいや。。」と感じてしまいがちな想像図です。

column20161220-2

実現しているモノ、しなかったモノ

私達が当たり前のように使用しているパソコンや携帯電話などのような想像を超えたであろう勢いで発達したものもある中で、超音速旅客機(コンコルド)といった一度は実現はしたものの運用面でのデメリットが大きすぎた為に既に廃止されたもの、空飛ぶ車のような実現は可能(とのことです)だが実現したところで実用性の低さからなかなか実現と浸透の可能性が無い技術などもあり、レトロフューチャーに見る世界はやっぱり「空想上の世界」の域を出ない状況なのかなとは思います。

コンコルド写真

結局のところ、「懐古主義的な未来」の図なのです。
今現在実際には見られない世界だからこそ、憧れに似た郷愁と新鮮さがありますね。

まだ見ぬ革新的技術の為に

しかし、更に技術が進むであろう未来では空飛ぶ車が大ヒットしたり、ロボットが人間のように暮らしたり、気軽に宇宙旅行に行ける世界も実現する可能性は無い訳ではないと思います。

これ以上はそうそう発展しないだろうと現在に生きる私達は感じてしまいますが、携帯電話や薄型テレビみたいに予想も出来ない進化をして当たり前のように定着していく技術は今後も必ず出てくる事でしょう。
Knocknoteでは”ワクワクするような新しい技術をもって未来を開発する人材”を育てる為に尽力していきます。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

SNSとの向き合い方

近年、IT化がより進む中、我々が幼少期の頃と比べ、現代の子供たちは小さい頃からネットに触れ情報を気軽に収集でき発信できるようになった。 それは羨ましいかぎりではあるが、そこには色々な落とし穴がある。 我々大人はSNSとの向き合い ...

経営に必要な会計知識(その1)

経理と財務の違い 中小企業などの小規模組織では、経理と財務を経営者が一人で担っているケースをよく見られますが、本来は経理と財務は違う役割を果たしています。 まず「経理」とは経費や利益など、企業の中で日々にどれくらいのお金 ...

意外と知らない「正月」のあれこれ

あけましておめでとうございます。 さて早速ではございますが「正月」のあれこれについて記述したいと思います。 「正月」の由来 まず、正月の語源は、様々な説があります。 仏教の修正会が1月にあったため「正すための月」であ ...

意外!あんな現象やこんな現象にも正式名称がある!

お昼ご飯を食べた後にウトウト。我慢して我慢して、けれどやっぱりだめで遂にスヤスヤ。 とても気持ちよいですよね。 安眠もつかの間、階段から落ちる夢を見て体が「ビクッ!」となるあの現象、実は正式名称があるのです。 知らなくても全く ...

外国人が思う日本の「素晴らしい&日本の変なところ」

日本の素晴らしいところ ・「約束の時間をちゃんと守る」 約束の時刻をきちんと守る堅実な人間が多い。 ・「他人への思いやりに溢れている」 街の人の親切さや接客の礼儀正しさには驚き外国人観光客が多い。 アメリカ人留学生 ...

プログラマーから見たあやふやな世界

プログラマーの夫とその妻という設定でこんなジョークがあります。 A wife asks her husband, a programmer, “Could you please go shopping for me and buy o ...

ロボットは人間の友達となり得るのか

IT技術が進んでいくにつれて、ネット世界の拡大やネットワーク技術の普遍化、 VR(バーチャルリアリティ)といった分野がめまぐるしく進歩していってますね。 それでも空を走る車や宇宙への旅、どこでもドアなんてのはまだまだ空想の世界で ...

月の不思議(パート1)

月 月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。 地球を周回するただ1つの衛生。 直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地 ...

ビデオゲームの墓場 -1980年代のゲーム市場-

アメリカ、ニューメキシコ州のアラゴモードに「ビデオゲームの墓場」と呼ばれる地域が存在しています。 なぜこのように呼ばれるようになったのか、その背景にはビデオゲームに関する残念な歴史があります。 家庭用ビデオゲームの普及 197 ...

機械だって言語を持っているのだ!

私達が普段話している日本語。 小さい頃から親やその他の人が喋っているのを聞いて 小学校でひらがなやカタカナ更には漢字も含めて、書いたり発音したり学習してきた結果 私達はスムーズに母国語である日本語を何不自由なく理解し、使用していま ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)