1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 医療のICT化

医療のICT化

投稿日 : 2017.02.02  |  カテゴリー : IT雑記

ICT化の背景

 

超高齢社会に突入した日本においては、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等、様々な課題に直面しています。

そんな中、政府の健康・医療戦略(平成26年7月22日閣議決定)において「世界最先端の医療の実現のための医療・介護・健康に関するデジタル化・ICT化」が柱の一つに位置付けられており、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等の社会的課題の解決に向けて新たに講ずべき具体的施策として、医療・介護・健康分野のデジタル基盤の構築・利活用の推進が掲げられています。

現存のシステム

電子カルテや患者さんの測定数値を記入するシステムなど既に病院には導入されているものはありますが、あまり活用はされておらずに未だにペーパーに頼った部分を残しています。ペーパーに頼れば金額コスト、保管のコストがかかりその上に人件費のなどもかかり経費がかさんでしまいます。

なぜ経費削減が必要なのか?

お医者さんはお金持ちだから経費削減とは無関係なのでは?と考える方も多いとは思いますが、それはもう昔の考え方です。
医療点数改正などにより増々病院への締めつけも厳しいものとなった今、閉鎖する病院も出てきました。
病院で最もかかってくるお金は人件費です。200床以上の大きい総合病院などでは、医療に携わる医師、看護師、看護助手、レントゲン技師、検査技師、薬剤師、様々な療法士などを雇い、それ以外も医療事務や財務管理をする人、施設設備を管理する人などを雇わないといけません。見えないところでお金がかかっています。医療業界は常に進歩をしなければならない業界です。日々進歩しているからこそ治せない病気も減って来ているのです。
進歩の為には新しい医療機器を購入したり、研究をしなければいけません。購入や研究をするためにはお金が必要です。
しかし保険点数の改正により収入が減っているので、今までの様に使えるお金も少なくなってきました。ですから削減できる経費を削減しなければいけません。

ICT化による経費削減

例えば診察券を入れるだけで治療費を支払い、データが勝手にパソコンに入力され管理の出来るシステムがあればどうでしょうか?
会計事務の人数を減らす事ができ、経費削減に繋がります。領収書もメール送信できれば紙代がかかりません。
遠隔で施設内の設備を監視して確認の出来るシステムがあればどうでしょうか?
間違いなくそこで使っている設備を管理するの人数を減らし経費削減へ繋がります。人間に変わるシステムがあればどんどん経費の削減ができるのです。

今後の医療に必要なシステム

現在日本では病院ごとの医療技術の格差が出ています。
総合病院で同じ種類の科があったとしてもA病院では1、2、3の治療ができてB病院では1、2ができ、C病院では1の治療しかできないなど医療技術にもばらつきがあります。
しかしA病院の患者さんがいっぱいで3の治療が受けれなかったりしたら3の病気の人はどうなってしまうのでしょうか?
3の症状が命に関わる重大な病気であった場合命を落としてしまいます。
ABCのすべての病院ですべての治療ができたらどうでしょうか?
どれだけ命の救われる患者さんが増えるでしょうか?
そこで注目されているのがクラウドサービスです。
クラウドサービスと言えば有名なものがGoogle Driveが有名ですが、近年では医療に特化したもの(NEC、富士通などの製品)が開発されました。
クラウドサービスを使う事で地域連携医療または関係病院内で症例などの共有ができ、医師の腕さえあれば何でも治療が出来るようになるのではないでしょうか?
今の医療では技術の共有こそが患者さんの命を救っていく時代だと思います。
共有される事で救われる命が増えれば今後の医療は更に発展していくはずです。
残念ながらクラウドサービスはまだ普及されていません。
ただ10年後には使っていない病院はないくらいに普及していると思います。
ICT化から発展する医療は必ずあります。
今後も様々な技術が出てくることが期待されるでしょう。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
スマホ

電話番号「020」と、広がる「IoT」の世界

枯渇していく携帯番号 携帯電話の普及に伴い、現在どんどん番号が枯渇しています。もともとPHSで御馴染みだった「070」(平成25年から携帯電話でも使用)にいたっては総務省によると2018年で枯渇する可能性があると言われています。現 ...

来年はどうなる?子供にさせたい習い事ランキング

2016年の年末に株式会社イー・ラーニング研究所が子供がいる親世代に聞いた「年末年始の習い事アンケート」を実施しました。 2016年に子供にさせた習い事 まずは、2016年に子供に習い事をさせていたかという質問に対して、「はい」が51% ...

Apple「ガチャの排出率表記」を義務化。アタリ出現率1%のガチャを100回引くと?

App Store審査ガイドラインに追加 2017年12月、英語版のApp Store審査ガイドラインに「ガチャの排出率表記」を義務化を表すものが追加されました。日本語訳するとこうです。 「ルートボックスやその他、ランダム型の有料ア ...

LINEブログがもたらす革命

LINEブログが一般の人が使えるようになったのはご存知でしょうか。 アメブロ、livedoorブログ、はてなブログ等、世の中には一般の人が書けるブログサービスが数多く存在しております。 そんななか、LINEが一般向けのブログサー ...

大画面ディスプレイで作業するメリット

8月に入社させていただいてから今までずっとノートパソコンで作業をしていました。 しかし、なんと先日ノートパソコンの画面を写すディスプレイをいただきました! とても快適になったので今回は大画面ディスプレイで作業するメリットについて書きます ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

kimu

危惧される北朝鮮の存在

2月13日に北朝鮮の金正男氏が殺害されました。 北朝鮮の金正恩体制が恐怖政治であることが再び再認識された事件でもありました。 北朝鮮の印象 北朝鮮といえばミサイル実験や度重なる挑発行為などで日本に不安を煽っている印象があります。 し ...

画像圧縮に便利なサイト比較

電話回線でネットサーフィンしていた時を思い出しました。 ネット上にある画像を全部表示するのに1分もかかっていたこと、 電話が来る度にネット回線が切断されていたこと。 今思い返すとなかなかに不便なネット環境だったことをしみじみと ...

画像の一部だけが動く?!不思議な写真シネマグラフ

先週消えつつある技術としてFLASHの記事を書きました。 ウェブ上でアニメーションコンテンツを見せる為の代表的な技術でしたが、残念ながら時代の流れと共に利用者が少なくなりつつあります。 しかしアニメーションなど動きのあるリッ ...

Adobe FLASHが通った道

ウェブ技術の内情は日々変わり続けています。 去年流行していたデザイン手法が今ではもうすでに古臭い手法となっていたり、トレンドと廃りのサイクルの速さはファッション業界に匹敵もしくは凌駕する勢いであると感じます。 過去に、流行り ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)