1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 医療のICT化

医療のICT化

投稿日 : 2017.02.02  |  カテゴリー : IT雑記

ICT化の背景

 

超高齢社会に突入した日本においては、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等、様々な課題に直面しています。

そんな中、政府の健康・医療戦略(平成26年7月22日閣議決定)において「世界最先端の医療の実現のための医療・介護・健康に関するデジタル化・ICT化」が柱の一つに位置付けられており、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等の社会的課題の解決に向けて新たに講ずべき具体的施策として、医療・介護・健康分野のデジタル基盤の構築・利活用の推進が掲げられています。

現存のシステム

電子カルテや患者さんの測定数値を記入するシステムなど既に病院には導入されているものはありますが、あまり活用はされておらずに未だにペーパーに頼った部分を残しています。ペーパーに頼れば金額コスト、保管のコストがかかりその上に人件費のなどもかかり経費がかさんでしまいます。

なぜ経費削減が必要なのか?

お医者さんはお金持ちだから経費削減とは無関係なのでは?と考える方も多いとは思いますが、それはもう昔の考え方です。
医療点数改正などにより増々病院への締めつけも厳しいものとなった今、閉鎖する病院も出てきました。
病院で最もかかってくるお金は人件費です。200床以上の大きい総合病院などでは、医療に携わる医師、看護師、看護助手、レントゲン技師、検査技師、薬剤師、様々な療法士などを雇い、それ以外も医療事務や財務管理をする人、施設設備を管理する人などを雇わないといけません。見えないところでお金がかかっています。医療業界は常に進歩をしなければならない業界です。日々進歩しているからこそ治せない病気も減って来ているのです。
進歩の為には新しい医療機器を購入したり、研究をしなければいけません。購入や研究をするためにはお金が必要です。
しかし保険点数の改正により収入が減っているので、今までの様に使えるお金も少なくなってきました。ですから削減できる経費を削減しなければいけません。

ICT化による経費削減

例えば診察券を入れるだけで治療費を支払い、データが勝手にパソコンに入力され管理の出来るシステムがあればどうでしょうか?
会計事務の人数を減らす事ができ、経費削減に繋がります。領収書もメール送信できれば紙代がかかりません。
遠隔で施設内の設備を監視して確認の出来るシステムがあればどうでしょうか?
間違いなくそこで使っている設備を管理するの人数を減らし経費削減へ繋がります。人間に変わるシステムがあればどんどん経費の削減ができるのです。

今後の医療に必要なシステム

現在日本では病院ごとの医療技術の格差が出ています。
総合病院で同じ種類の科があったとしてもA病院では1、2、3の治療ができてB病院では1、2ができ、C病院では1の治療しかできないなど医療技術にもばらつきがあります。
しかしA病院の患者さんがいっぱいで3の治療が受けれなかったりしたら3の病気の人はどうなってしまうのでしょうか?
3の症状が命に関わる重大な病気であった場合命を落としてしまいます。
ABCのすべての病院ですべての治療ができたらどうでしょうか?
どれだけ命の救われる患者さんが増えるでしょうか?
そこで注目されているのがクラウドサービスです。
クラウドサービスと言えば有名なものがGoogle Driveが有名ですが、近年では医療に特化したもの(NEC、富士通などの製品)が開発されました。
クラウドサービスを使う事で地域連携医療または関係病院内で症例などの共有ができ、医師の腕さえあれば何でも治療が出来るようになるのではないでしょうか?
今の医療では技術の共有こそが患者さんの命を救っていく時代だと思います。
共有される事で救われる命が増えれば今後の医療は更に発展していくはずです。
残念ながらクラウドサービスはまだ普及されていません。
ただ10年後には使っていない病院はないくらいに普及していると思います。
ICT化から発展する医療は必ずあります。
今後も様々な技術が出てくることが期待されるでしょう。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

Twiiterがルールを変更

今回は日本でも最近事件になった。Twitterのルールが変更になったことについて書かせていただきます。 Twitterのルールが変更に アメリカのTwitterは11月3日、サービスルールを変更し、自殺や自傷行為の助長などは明確に違反事 ...

便利なIoT化

進むIoT化 学校や企業でIoT化が進んでいます。小学校だと2020年に全学校の無線ネットワークの普及も計画されています。 最近は家電のIoT化も進んでいて、家電をネットワーク接続し携帯電話や専用端末で操作ができるものも販売されています ...

画像圧縮に便利なサイト比較

電話回線でネットサーフィンしていた時を思い出しました。 ネット上にある画像を全部表示するのに1分もかかっていたこと、 電話が来る度にネット回線が切断されていたこと。 今思い返すとなかなかに不便なネット環境だったことをしみじみと ...

誰でも聞いたことあるIT用語解説【Cookie】

はじめに 誰でもスマホやパソコンを使い続けていれば見たことあるIT用語は数多く存在するのではないでしょうか? Cookie・セッション・404エラー・クラウドコンピューティングetc・・・ でもいまいち意味がわからない言葉もあったり・ ...

ビジュアルプログラミング言語

2020年のプログラミング必修化 2020年に小学生のプログラミング必修化に向けて様々な学習ツールが発表されています。 中でも使いやすく、拡張性の高いビジュアルプログラミング言語は特に注目を浴びているのではないでしょうか? 今回は ...

2017年のブラウザシェアランキング

ブラウザは何を使っていますか? あまりブラウザに拘りが無い方はOSにプリインストールされているブラウザを使っている方が多いかもしれませんね。 Windowsであれば Internet Explorer(IE)、もしくはMicroso ...

日本はIT後進国なのか

IT後進国か否か 日本はIT機器の普及なども充実しているようにみえ、経済的にも先進国として認識されている。 また戦後から産業か発展し日本製が多く出回るようになったが、現在はどうか? 現在、パソコンは日本製よりも海外製の ...

有意義なネットサーフィン

ネットサーフィンとは? 興味の赴くままに色々なサイトを飛び回り情報を得る事です。 興味がある事や課題の資料集めには欠かせないことです。 ネットサーフィンの悩み しかし、皆さんの中には検索ワードを打ち込んでも思った通りに求めている ...

文字入力を劇的にスピードUP!タッチタイピングを習得しよう!

パソコンを使うなら是非とも身に付けたいタッチタイピング パソコンを使用するにはマウスとキーボードの操作は切っても切れないものです。 特にプログラミングを行う際にはキーボードでの文字入力が速ければ速いほど効率も上がります。 キー ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)