1. トップ
  2. コラム一覧
  3. googleから発表された「低品質なサイト順位の低下」について

googleから発表された「低品質なサイト順位の低下」について

投稿日 : 2017.02.11  |  カテゴリー : google


2017年2月3日、Googleから低品質なサイト順位が低下して、オリジナルで高品質なサイトが、より上位に表示されるようになるとの方針が発表されました。

※以下は、Googleウェブマスター向け公式ブログからの抜粋です。

日本語検索の品質向上にむけて

2017年2月3日金曜日

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

一部のキュレーションメディアサイトの閉鎖等、コンテンツのオリジナル性や正当性の低いサイトの評価が下がっている風潮はありましたが、Googleでも検索エンジンにおいて、本格的に対策を行なっていくというわけですね。また、「日本語検索の品質向上に向けて」というように、日本に特化した情報となっています。
Googleが日本に特化して発信するというのは非常に珍しいことで、一気に検索エンジンでの表示トレンドも変わってくるのではないかと推測しています。
各サイト運営者・管理者は、オリジナルで高品質なサイトと判断されるようなサイトづくりを目指す一方で、低品質なサイトと判断されたらどうしようとひやひやものです。

オリジナルで高品質なサイトとは?

前述のとおり、オリジナルで高品質なサイトの検索優遇が今後より増していくと思われますが、具体的にはどのようなサイトがそのように判断されるのでしょうか。
主な重要点をまとめてみました。

1.品質が良いか
このサイトは信用できるか?ということです。
具体的には、以下がポイントとなります。

・メインコンテンツの質と量
ページの目的を達成するために十分な量の、高品質なコンテンツが必要です。
ただし、単純に量が多いほど良いわけではなく、逆に冗長なコンテンツは低品質と判断されるようです。
ようは、ページの目的達成に必要で最適な量が重要となります。
また、量と質以外にも機能やデザインも判断材料となります。

・サイトに関する情報(=Webサイトの責任者・運営者はだれか)

・サイトの評判
サイトの信頼性を判断する要素としては、人気・ユーザーエンゲージメント・ユーザーレビューなどが上げられます。
一概に人気と言われても運営側でのコントロールや判断は難しいわけですが、例えば、実社会での評判が悪い場合、サイトも低品質だと評価されることがあります

・E-A-T
「専門性・熟練度(E)」・「権威性(A)」・「信頼性(T)」の頭文字を併せた用語ですが、これらの要素を備えた人物・運営者によるコンテンツは信頼性が高くなります。


2.ユーザーの需要にマッチしているか
キーワード検索において、そのキーワードに対しての目的がマッチしているかということです。
例えば、「プログラミングスクール」という検索をかけた場合、「プログラミングを学べるスクールサイト」「プログラミングスクールの正当な情報が掲載されているサイト」等、需要に対して適切かつ正当な情報を掲載しているサイトが優遇されるということです。

結局はユーザーが見やすく、そしてユーザーの求めるものでなければ、高品質なコンテンツと判断されないということです。

どのようなサイトが高品質なコンテンツ?

ユーザーやGoogle に高い評価を受けるためには「MC・SCが役に立ち」、「MCを直感的に利用しやすい構造になっている」ことが重要と言われています。
MC・SCとは?こちらも説明しておきます。

・MC(メインコンテンツ)
記事本文・メイン動画・メイン画像など。ページの目的達成に直接関わるコンテンツです。
品質評価の比重は最も大きいです。

・SC(補助コンテンツ)
関連コンテンツやリンクなどの目的達成には直接関係ないが、ユーザー満足度の向上に役立つものです。
役立つSCがあると品質評価に好影響が出るようです。
ただし、サイトの目的達成に不要または邪魔となるSCはマイナスの影響ももたらすので注意です。

また、 広告を掲載しているサイトにおいては、広告がMCの利用を妨げると、マイナスの影響があります。
さらに、その広告の中身にも注意が必要です。

前述のとおり、MCがユーザーの役に立ち、SCでさらにその満足度を向上させて、利用しやすい構造を目指すべきと推測できますね。

どうやって検索評価されているの?

ここまでで、高品質なコンテンツと判断されるポイントを解説してきましたが、そもそも高品質なコンテンツはどのように決められて評価されるのかも追記しておきます。
Google では、新しいアルゴリズムを作成されると、まずは一般公開せずに試験を行います。
その試験において、Googleに対して「この検索結果のほうがいい」といった評価を行うのが「検索品質評価担当者」と言われる人々です。
なお、評価する際の評価ポイントや基準はあるようで、それが「検索品質評価ガイドライン」と言われるものです。
つまり、Googleが公開している「検索品質評価ガイドライン」を知ることで、Googleがどのような判断で評価をするのかが、見えてくるのではないのでしょうか。
一部の重要点は紹介しましたが、「検索品質評価ガイドライン」は一般公開されているので、サイト運営者・管理者は是非見ておくといいと思います。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

Webマーケティングのプロが解説するネット広告1

見ないという日はないというくらいに、身近になっているインターネット。 調べものをしたり、SNSを使ったり、ゲームをしたりと、その活用方法は様々かと思います。 しかしながら、ネット上に表示される広告に注目される方は多くはないは ...

Googleトレンドの活用方法

Googleトレンドとは、Google  検索で、特定のキーワードの検索回数の時間経過に伴う検索数の変化を視覚的に確認できるサービスです。 特定のキーワードの検索における人気・関心の変化を調べるということができるわけです。 すでにサ ...

WEBマーケティングからみた飲食店が情報サイトだけでなくホームページを持つべき5つの理由

飲食店を探す時 まず、顧客が飲食店を探す時に次のようなデータがでています。 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査でスマートフォンを利用していると回答した20 ...

記事の信頼性に取り組む「Trust Project」

記事の信頼性に取り組む「Trust Project」 Google、Facebookは、偽ニュース(フェイクニュース)を拡散していると批判されてから「信頼できる情報」からの記事であることを識別する新プログラム「Trust Pr ...

小学生向けオンラインレッスン始めました

オンラインレッスン開始 Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)のScratchコースでオンラインレッスンを開始しました。 遠方の方も通わずに安心して、現役プログラマーによる丁寧な個別授業を受けることが ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)