1. トップ
  2. コラム一覧
  3. やる気がでないときに2

やる気がでないときに2

投稿日 : 2017.03.23  |  カテゴリー : 教育

前回はやる気がでない時の対策として、休むこととルーティーンの話をしました。

今回はまた違う方法でのやる気アップのお話をしていこうと思います。

朝ごはんを食べよう


ご飯を食べることは重要なことで、『腹が減っては戦はできぬ』と言われるくらいご飯を食べていない状況だと何をするにも
パフォーマンスが落ちてしまいます。
朝ごはんは1日の始まりの食事なので食べなければ当然1日がダラダラと始まってしまいます。
なるべく多く寝たいから朝ごはんを食べずに通勤している方は多いと思いますが、おにぎり1つ食べるだけでも効果はあります。
脳の活動には糖分が必要で、脳に栄養がない状態で活動をすると脳が体の動きを制限してしまいます。
朝から疲れたような怠さと通勤中の憂鬱な状態を習慣づけてしまう危険性あります。
体が怠い→通勤も辛い→仕事が嫌だ→仕事がしたくない
こんなことを毎日続けていたら、心も病んでしまいます。
朝ごはんを食べることは体と脳に栄養を与えた状態で始まりを迎えることができるので、
体が元気→通勤中も辛くない→仕事を始める
ということが習慣づけることができます。

朝ごはんを食べない方も是非おにぎり1つから始めてみましょう。

目標設定の習慣化

「やる気の出ないときに目標設定なんかできるか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
やる気がでない時こそ目標設定が必要です。
目標設定と聞くと、ノルマ達成とかの大きな目標が出てきてしまいますが、そんな大きな目標はいりません。
小さな目標をこなしていくだけでいいのです。
例えば営業マンなら
机の掃除をする→アポを取る→資料をつくる→資料完成→提案の準備をする
これでも十分な目標になります。
やる気のないときはとことん小さな目標を作り達成することを習慣づけることが大事です。
習慣づけていけば、何かしらの準備がいつでもできている状態なので、納期が間に合わずにギリギリで作業することもなくなります。
なくなればきっと仕事に追い詰められることもなくなり、やる気がなくなることも減ってきます。
小さなことができなければ大きなこともできません。
コツコツとやってみてはいかがでしょうか。

最後に

やる気の出ないときはいっぱいあると思います。無理に出すと体にも負担がかかってきます。
無理をするくらいなら、やらない方がいいです。無理をすることで限界突破できるという考えの方もいらっしゃるとは思いますが、
かえって体を壊してしまいます。

弊社ではプログラミングの塾を運営しているので、どうやったら生徒がやる気を出すかを考えてカリキュラム作成や授業を行なっています。
カリキュラムとは別に、個人の能力も伸ばせる環境だと思います。
体験授業も行なっておりますので是非ご参加ください。

https://education.knocknote.jp/

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

本当の意味での親子で学べるプログラミング教室とは

増えてきたプログラミング教室 2020年の小学校でのプログラミング必修化もいよいよ秒読みとなり、東京都内のプログラミング教室もどんどん増えてきました。大人の場合、プログラマーを目指すためのPHPやHTMLなどのWEBの知識を習得するコース ...

日本にプログラミング教育って本当に必要?

2020年から日本の公立小学校ではプログラミングが必修化されることが明示されました。 そこでプログラミング教育って本当に必要なのかについて一緒に考えてみませんか? そもそもプログラミング教育って? プログラミング教育と聞くと、子供 ...

Scratchでメッセージを使おう

メッセージって何? メッセージは『メッセージを送る』というブロックを使い同じタイミングで他のことをしたいときに使います。 たとえば下のようなスプライトを作ってみましょう。 このように2つのことを同時にすることができます。 ...

Knocknote四谷本校

四谷でプログラミング教室を開校するということ

Knocknote(ノックノート)は四谷を本社とし登記し、教室本校を四谷にしております。駅でいうなら四谷三丁目と曙橋の間です。 今回は四谷という街の魅力と、弊社プログラミング教室を四谷で開校させていただいた理由についてお話します。 ...

spjk

Twitterの中傷ツイート検索非表示対応と、女子高生とSNSといじめ

匿名と手軽なアカウント作成 TwitterといえばFacebookと違い実名での登録は不要で簡単にいくつもアカウントがつくれてしまいます。 その結果、多種多様な使い方ができる反面、自分の身元を隠し、簡単に中傷できてしまうという一面も見ら ...

第2回 すごい学校

YES International 神奈川県横浜にあるYES International。英語と日本語、そしてプログラミング言語の三つの言語教育で論理、創造、表現、発信力を身につける「トライリンガル教育」を提供する、日本でただひと ...

子供も喜ぶ世界のクリスマス3選 2017

クリスマスが近づくと、なんだか街もイルミネーションで煌めきはじめ、ラジオではクリスマスソングが流れ、いつしかクリスマスの雰囲気に包まれているものです。子供はもちろん、大人もなんだかワクワクするものではないでしょうか。 実際時が来てしまえば ...

SNSとの向き合い方

近年、IT化がより進む中、我々が幼少期の頃と比べ、現代の子供たちは小さい頃からネットに触れ情報を気軽に収集でき発信できるようになった。 それは羨ましいかぎりではあるが、そこには色々な落とし穴がある。 我々大人はSNSとの向き合い ...

プログラミングには正解がない、探究心こそ全て?

プログラミングには正解がない 同じ結果が返ってくるプログラムだとしても、出来上がったソースコードはプログラマーにより差が出ます。 変数名のつけ方ひとつでも、プログラマーによって大きく異なるものです。 つまり、プログラミングは正 ...

e-ラーニングのメリット・デメリットと今後

e-ラーニング electronic learningの略で通信技術を用い、学習を行う手段のことです。現在英語やプログラミングをはじめ、薬剤師向けのコンテンツなどが世の中に出回っております。 メリット・デメリット メリット ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)