1. トップ
  2. コラム一覧
  3. やる気がでないときに2

やる気がでないときに2

投稿日 : 2017.03.23  |  カテゴリー : 教育

前回はやる気がでない時の対策として、休むこととルーティーンの話をしました。

今回はまた違う方法でのやる気アップのお話をしていこうと思います。

朝ごはんを食べよう


ご飯を食べることは重要なことで、『腹が減っては戦はできぬ』と言われるくらいご飯を食べていない状況だと何をするにも
パフォーマンスが落ちてしまいます。
朝ごはんは1日の始まりの食事なので食べなければ当然1日がダラダラと始まってしまいます。
なるべく多く寝たいから朝ごはんを食べずに通勤している方は多いと思いますが、おにぎり1つ食べるだけでも効果はあります。
脳の活動には糖分が必要で、脳に栄養がない状態で活動をすると脳が体の動きを制限してしまいます。
朝から疲れたような怠さと通勤中の憂鬱な状態を習慣づけてしまう危険性あります。
体が怠い→通勤も辛い→仕事が嫌だ→仕事がしたくない
こんなことを毎日続けていたら、心も病んでしまいます。
朝ごはんを食べることは体と脳に栄養を与えた状態で始まりを迎えることができるので、
体が元気→通勤中も辛くない→仕事を始める
ということが習慣づけることができます。

朝ごはんを食べない方も是非おにぎり1つから始めてみましょう。

目標設定の習慣化

「やる気の出ないときに目標設定なんかできるか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
やる気がでない時こそ目標設定が必要です。
目標設定と聞くと、ノルマ達成とかの大きな目標が出てきてしまいますが、そんな大きな目標はいりません。
小さな目標をこなしていくだけでいいのです。
例えば営業マンなら
机の掃除をする→アポを取る→資料をつくる→資料完成→提案の準備をする
これでも十分な目標になります。
やる気のないときはとことん小さな目標を作り達成することを習慣づけることが大事です。
習慣づけていけば、何かしらの準備がいつでもできている状態なので、納期が間に合わずにギリギリで作業することもなくなります。
なくなればきっと仕事に追い詰められることもなくなり、やる気がなくなることも減ってきます。
小さなことができなければ大きなこともできません。
コツコツとやってみてはいかがでしょうか。

最後に

やる気の出ないときはいっぱいあると思います。無理に出すと体にも負担がかかってきます。
無理をするくらいなら、やらない方がいいです。無理をすることで限界突破できるという考えの方もいらっしゃるとは思いますが、
かえって体を壊してしまいます。

弊社ではプログラミングの塾を運営しているので、どうやったら生徒がやる気を出すかを考えてカリキュラム作成や授業を行なっています。
カリキュラムとは別に、個人の能力も伸ばせる環境だと思います。
体験授業も行なっておりますので是非ご参加ください。

https://education.knocknote.jp/

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

Scratchコース発表会レポート 〜小学生がパワポでプレゼン!?〜

小学生がパワポでプレゼン!? Knocknote Education(ノックノート エデュケーション)では、授業のプログラムの一部にプレゼンを設けております。子供のうちから人前で話す機会に慣れておくことは様々なメリットをもたらしま ...

colors

カラーコードと16進数

カラーコード  #FFFF00は何色を表現するのでしょうか。 正解は 黄色です。 Webでは色を16進数で表示します。例えば上記の黄色は#FFFF00で表現しましたが、これらの文字列は、16進法で表されています。16進法の ...

プログラミングには正解がない、探究心こそ全て?

プログラミングには正解がない 同じ結果が返ってくるプログラムだとしても、出来上がったソースコードはプログラマーにより差が出ます。 変数名のつけ方ひとつでも、プログラマーによって大きく異なるものです。 つまり、プログラミングは正 ...

Unityでつくられているアプリ5選

Unityとは UnityとはiOSやandroid、さらにプレステ4、WiiUさらにVR/ARなどのあらゆるプラットフォームに対応しているゲーム開発エンジンです。これまでとても複雑だった物理演算などの計算をこなし、AssetStoreで ...

やる気がでないときに1

皆さんはやる気が出ないときはありませんか? 仕事に行かないといけないのに行きたくないとき、家事をしないといけないのにしたくないとき、学校に行かないといけないのに行きたくないとき等、、、 実はやる気の出ない状況のまま我慢してしまう ...

【症状別】苦手克服法part1

人は誰でも成長していく段階で壁にあたるものです。今回はそんな時にポイント別にどうすれば克服できるのかを調べました。自分を客観視して、ダメなところをきちんと受け入れる事はとても大事な事です。悩みや課題がある方も、前向きに捉えて成長を楽しみまし ...

脳科学から見る子供の成長

脳 そもそも、脳って何でできてるんでしょうか。脳は神経細胞の塊です。神経細胞とは、電気信号を発して情報をやりとりする細胞です。その数は脳全体で千数百億個にもなると言われています。 神経細胞は、遺伝情報が書かれたDNAを含む核やエ ...

第8回教育ITソリューションEXPO最終日レポート

本日はICT教育の教材にふれる為に東京ビッグサイトにて開催されている教育ITソリューションEXPO(EDIX)へ行ってきました。 EDIXとはリード エグジビション ジャパン株式会社さんが運営する、業務支援システム、ICT機器、デ ...

e-ラーニングのメリット・デメリットと今後

e-ラーニング electronic learningの略で通信技術を用い、学習を行う手段のことです。現在英語やプログラミングをはじめ、薬剤師向けのコンテンツなどが世の中に出回っております。 メリット・デメリット メリット ...

プログラミング教育の現場から

Knocknote Education(ノックノートエデュケーション)の一期生の授業を始めてから早くも一年が経ちました。 現在、一期生の生徒は1年間のカリキュラムを終えてUnityコースでプログラミングを学んでおります。 1年間 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)