1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 叱り方で意識すべき4つのステップ

叱り方で意識すべき4つのステップ

投稿日 : 2017.08.02  |  カテゴリー : 思い

ご家庭における子育ては勿論、職場や学校での部下への叱り方で悩んでる方は多いと思います。そこでインターネットで検索してみても、「大声をださない」「理由をしっかりと話す」などと当たり前のようにたくさんの”正しい叱り方”がヒットするかと思います。しかし、実際にやってみると意外と難しいもの。なぜなら親も上司も先輩も、人だからです。感情ありきの人間なので、叱ることもちゃんと訓練しないとうまくならないものです。いきなり人間は変われる生き物ではありません。まずは自分自身が未熟であることを十分に認識した上で、習慣にしていくことで慣れていくしかありません。

20170728

STEP1:自分自身すらコントロールできなければ他人はコントロールできない

本当に人が怒って感情的になったときって、もう何に怒ってるかすらわからないくらいの一種のトランス状態になっていると思います。大声で怒鳴ったり手をあげてしまいたくなることも、あるかもしれません。しかし恐怖で支配する人間関係は生産性を生みません。不満、苛立ち、嫉妬、恐怖、、、ネガティブな感情がその空間を支配していきます。普段から怒りっぽいと自覚している方や、周りに器が小さいと思われているような方は強くここを意識する必要があります。自分自身をコントロールできないような人が他人をコントロールできるはずがないのです。自分の頭が怒りでいっぱいになってどうしようもないときは、一度トイレなどにいき、深呼吸して時間を少しおいてみてください。自律神経のバランスを唯一自分の意志でコントロールできるのは深呼吸といわれています。まずはここで一息いれて自分をコントロールしてみます。

STEP2:怒りの裏の本質的な感情を本音で伝える準備をする

怒りをおいて一呼吸おいたら、次は自分の中にある本質的な感情と向き合ってみましょう。


・遊びに行った子供と連絡がとれない

・本質的な感情:”心配”

・怒り

ここで「なんで連絡してこないんだ!!外出禁止だ!」と本質的な”心配”の部分を説明せず怒鳴ってしまうとよくありません。
しっかりと”心配”の部分を本音で伝えることがポイントなのです。

STEP3:できるだけ2人きりの環境で丁寧に冷静に伝える

大人は勿論、子供にも自尊心があります。みんながいる中で大声で叱ってしまうと、大人が思っている以上に繊細な感情のセンサーが働いてしまいます。怒られている子も、周りで聞いている子も。
それが笑いものにされたり、噂になってしまったりと2次的な受ける必要のない罰を受けなくてはいけなくなります。それは大人の世界でも一緒です。いよいよ伝える時、一番大切なことは愛情を持って伝えることを意識することです。そうすることで自分のことを考えいってくれていると伝わり、いたずらやミスを減らそうという意識に変わっていきます。

STEP4:叱り終わったらすぐに切り替える

いつまでも過去を責められてももうどうしようもありません。大前提として同じミスを2度繰り返さないことは必ず意識してもらわないといけませんが。

上司「今後は同じミスは繰り返さないようにね。わからなければ抱え込まないですぐに相談してね。大丈夫?」

部下「はい、今後は気をつけます!」

上司「よし!じゃあこの話おしまい!切り替えて次のアポ一緒に頑張るよ!」

部下「貴重なお時間ありがとうございました!頑張ります!」

自分が部下の立場で考えるとわかりやすいですが、上記のような短くてサクッとしたやりとりが理想的です。
叱るのもエネルギーを使うしあまり気持ちのいいものではありませんよね。”本音でサクッと愛情をもって”伝えればきっと伝わると思います。

しかし時には何度いっても同じ過ちばかり・・・といったこともあります。そういったときはいっその事諦めてしまうのも一つの手段だと思います。その代わり、いいところを見つけてあげて、そこをどんどん伸ばしてもらうという考え方も時に必要だと思います。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

間違いない!おすすめPHPフレームワーク3選(2017)

フレームワークとは フレームワークとはそもそも「枠組み」を意味する単語です。効率化を図った一定のルールといったところでしょうか。例えば業務でよく聞くPDCAサイクル。PDCAは業務改善のための代表的なフレームワークで、PLAN(計画)、D ...

プログラミングができるとこんなに凄い

オバマ大統領の「Edutech」に40億ドルの金額を投資する計画、すなわちプログラミング教育に約5000億円を投資する計画を皆さまご存じでしょうか。 コンピューターはあなたの未来の大部分になります。頑張って学べば、あなたの手で ...

kinokuni

第1回 すごい学校

学校法人きのくに子どもの村学園 「世界一自由な学校」といわれるサマーヒル・スクールのような学校を日本にもつくりたいという、堀さんの思いのもと、1992年に和歌山県にて設立された学校「きのくに」。 覚える教育ではなく考える教育が必 ...

cat

Scratchがすごい

Scratchとは マサチューセッツ工科大学の研究ラボのMITメディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語です。 レゴのようにブロックを繋げていくことでプログラミングができ、初心者から上級者までプログラミングを楽しむことができま ...

サイバーセキュリティ月間

サイバーセキュリティ月間 2月1日~3月18日は政府が掲げている「サイバーセキュリティ月間」です。なにそれと思う方も多いかと思いますが、最近では情報漏洩も多くサイバーセキュリティに関する普及啓発強化のために設定されている習慣です。 ...

小学生向けオンラインレッスン始めました

オンラインレッスン開始 Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)のScratchコースでオンラインレッスンを開始しました。 遠方の方も通わずに安心して、現役プログラマーによる丁寧な個別授業を受けることが ...

tablet

渋谷区 区内の小中学校全生徒・教職員にタブレット 2017年9月より導入

渋谷区 区内の小中学校全生徒、教職員にタブレット 渋谷区は授業や家庭での学習を目的に、17年度予算案に7億8200万円計上し、研修等を経て2017年9月より、渋谷区小中学校の児童生徒約8000人並びに教職員約600人にタブレット端 ...

考える人

1日10分でできる思考力の鍛え方

考える楽しさ 自分で考えて行動をすれば何かしらの事を得ることができます。 何か問題に直面した時にどのように解決をするか考える問題解決力や何かを創作する際の想像力など考えることで色々な能力が発揮されます。 発揮された能力がうまく ...

幼稚園年代からプログラミング学ぶ必要ってあるの?

電化製品などのものとインターネットをつなげる「ものとインターネット」(IoT)の発展、企業の事務作業やスマートフォンの機能に人口知能(AI)が導入されたりと、生活のあらゆる場面で、ICTが密接になってきています。 この傾向は、今後 ...

働くということ

働くということ いきなりですが、一体我々はなんのために働くのでしょうか?多くの人は、それが生活やお金のためだったり、家族のため、遊ぶため、もしくは自己顕示欲や承認欲求を満たすために、世の中をよくするため・・・といったところでしょうか。 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)