1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 叱り方で意識すべき4つのステップ

叱り方で意識すべき4つのステップ

投稿日 : 2017.08.02  |  カテゴリー : 思い

ご家庭における子育ては勿論、職場や学校での部下への叱り方で悩んでる方は多いと思います。そこでインターネットで検索してみても、「大声をださない」「理由をしっかりと話す」などと当たり前のようにたくさんの”正しい叱り方”がヒットするかと思います。しかし、実際にやってみると意外と難しいもの。なぜなら親も上司も先輩も、人だからです。感情ありきの人間なので、叱ることもちゃんと訓練しないとうまくならないものです。いきなり人間は変われる生き物ではありません。まずは自分自身が未熟であることを十分に認識した上で、習慣にしていくことで慣れていくしかありません。

20170728

STEP1:自分自身すらコントロールできなければ他人はコントロールできない

本当に人が怒って感情的になったときって、もう何に怒ってるかすらわからないくらいの一種のトランス状態になっていると思います。大声で怒鳴ったり手をあげてしまいたくなることも、あるかもしれません。しかし恐怖で支配する人間関係は生産性を生みません。不満、苛立ち、嫉妬、恐怖、、、ネガティブな感情がその空間を支配していきます。普段から怒りっぽいと自覚している方や、周りに器が小さいと思われているような方は強くここを意識する必要があります。自分自身をコントロールできないような人が他人をコントロールできるはずがないのです。自分の頭が怒りでいっぱいになってどうしようもないときは、一度トイレなどにいき、深呼吸して時間を少しおいてみてください。自律神経のバランスを唯一自分の意志でコントロールできるのは深呼吸といわれています。まずはここで一息いれて自分をコントロールしてみます。

STEP2:怒りの裏の本質的な感情を本音で伝える準備をする

怒りをおいて一呼吸おいたら、次は自分の中にある本質的な感情と向き合ってみましょう。


・遊びに行った子供と連絡がとれない

・本質的な感情:”心配”

・怒り

ここで「なんで連絡してこないんだ!!外出禁止だ!」と本質的な”心配”の部分を説明せず怒鳴ってしまうとよくありません。
しっかりと”心配”の部分を本音で伝えることがポイントなのです。

STEP3:できるだけ2人きりの環境で丁寧に冷静に伝える

大人は勿論、子供にも自尊心があります。みんながいる中で大声で叱ってしまうと、大人が思っている以上に繊細な感情のセンサーが働いてしまいます。怒られている子も、周りで聞いている子も。
それが笑いものにされたり、噂になってしまったりと2次的な受ける必要のない罰を受けなくてはいけなくなります。それは大人の世界でも一緒です。いよいよ伝える時、一番大切なことは愛情を持って伝えることを意識することです。そうすることで自分のことを考えいってくれていると伝わり、いたずらやミスを減らそうという意識に変わっていきます。

STEP4:叱り終わったらすぐに切り替える

いつまでも過去を責められてももうどうしようもありません。大前提として同じミスを2度繰り返さないことは必ず意識してもらわないといけませんが。

上司「今後は同じミスは繰り返さないようにね。わからなければ抱え込まないですぐに相談してね。大丈夫?」

部下「はい、今後は気をつけます!」

上司「よし!じゃあこの話おしまい!切り替えて次のアポ一緒に頑張るよ!」

部下「貴重なお時間ありがとうございました!頑張ります!」

自分が部下の立場で考えるとわかりやすいですが、上記のような短くてサクッとしたやりとりが理想的です。
叱るのもエネルギーを使うしあまり気持ちのいいものではありませんよね。”本音でサクッと愛情をもって”伝えればきっと伝わると思います。

しかし時には何度いっても同じ過ちばかり・・・といったこともあります。そういったときはいっその事諦めてしまうのも一つの手段だと思います。その代わり、いいところを見つけてあげて、そこをどんどん伸ばしてもらうという考え方も時に必要だと思います。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

小学生向けオンラインレッスン始めました

オンラインレッスン開始 Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)のScratchコースでオンラインレッスンを開始しました。 遠方の方も通わずに安心して、現役プログラマーによる丁寧な個別授業を受けることが ...

【症状別】苦手克服法part1

人は誰でも成長していく段階で壁にあたるものです。今回はそんな時にポイント別にどうすれば克服できるのかを調べました。自分を客観視して、ダメなところをきちんと受け入れる事はとても大事な事です。悩みや課題がある方も、前向きに捉えて成長を楽しみまし ...

第2回 30代プログラミング講師が全力で子供向け知育玩具で遊んでみた

今回のおもちゃ 今回の知育玩具は言わずと知れた知恵の輪。実は知恵の輪には別の呼び名があったります。輪が9個のものが多いことから「九連環」と呼ばれたり、中国で生まれたという由来から「チャイニーズリング」ともいわれます。 対戦ルール ...

STEM教育と子供の未来の職業

STEM教育 S ・・・ Science 科学 T ・・・ Technology 技術 E ・・・ Engineering 工学 M ・・・ Mathematics 数学 これらの頭文字をとり、次世代を担う人材を育成する教育を ...

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

サイバーセキュリティ月間

サイバーセキュリティ月間 2月1日~3月18日は政府が掲げている「サイバーセキュリティ月間」です。なにそれと思う方も多いかと思いますが、最近では情報漏洩も多くサイバーセキュリティに関する普及啓発強化のために設定されている習慣です。 ...

ipa

エンジニアも非エンジニアも。 IPAの情報処理技術者試験

IPAとは IPA(Information-technology Promotion Agency, Japan)とは、独立行政法人 情報処理推進機構です。 日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省 ...

Knocknote四谷本校

四谷でプログラミング教室を開校するということ

Knocknote(ノックノート)は四谷を本社とし登記し、教室本校を四谷にしております。駅でいうなら四谷三丁目と曙橋の間です。 今回は四谷という街の魅力と、弊社プログラミング教室を四谷で開校させていただいた理由についてお話します。 ...

有意義なネットサーフィン

ネットサーフィンとは? 興味の赴くままに色々なサイトを飛び回り情報を得る事です。 興味がある事や課題の資料集めには欠かせないことです。 ネットサーフィンの悩み しかし、皆さんの中には検索ワードを打ち込んでも思った通りに求めている ...

トランプ大統領が見ているものは?

対外に牽制 過激な発言、名指しで批判をするスタイル、メキシコに壁建設や難民の入国を一時禁止する大統領令と様々な過激な動きを見せるトランプ大統領、このまま世界はどうなるのか?と心配になる方々もいらっしゃると思います。 入国禁止令は違憲 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)