1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 月の不思議(パート1)

月の不思議(パート1)

投稿日 : 2017.09.01  |  カテゴリー : 未分類

20170803

月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。

地球を周回するただ1つの衛生。
直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地球から太陽までの距離が400倍だからである。
また地球から月までの平均距離はおよそ38万4,400キロメートルあり、1969年にアメリカのマクドナルド天文台で初めて計測がおこなわれてから今もなお、地球と月の距離は幾度となく計測されており、1年あたり3.8cmずつ月が遠ざかっていること判明している。

月は常に同じ面を向けている

月は自転と公転の周期が同じため、自転しているのにつねに同じ面を地球に向けている。
したがって地球からは裏側が見えないのだ。

月の裏側の観測に成功したアポロ8号乗組員は裏側を見ることに成功した。
その内のひとりは「月の裏側にはサンタクロースがいた。」という発言をしている。
アメリカではUMA(未確認生物)のことをサンタクロースというらしい。
乗組員たちはそこで何らかの生物(地球外生命体)を見たのではないかと言われている。
また、アポロ10号が月面の裏側を飛行した際、乗組員が1時間にもわたって口笛のような不思議な音を耳にしている。

月は空洞になっている?

アポロ計画の時、地震を人工的に起こし月の内部構造を探る実験が行われた。
その実験結果で地球の場合は、地震は1分程度で収束するが、アポロ12号の着陸船落として人工的に地震を起こしたところ、55分間揺れが続いたらしい。
また、アポロ13号は第3ブースター部分を月に落下させ人工地震を起こした結果、3時間も揺れが続いたようである。
なぜかはわからないが、空洞になっていて振動しやすくなっているのではとの説がでている。
そして、月の比重が地球の比重に比べてかなり小さいということもこれを裏付けている。

<続く>

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

意外と知らない「正月」のあれこれ

あけましておめでとうございます。 さて早速ではございますが「正月」のあれこれについて記述したいと思います。 「正月」の由来 まず、正月の語源は、様々な説があります。 仏教の修正会が1月にあったため「正すための月」であ ...

iPadをなんとかして活用したいんや!

タブレット端末をお持ちですか? みなさん上手に使えてますか? 筆者はもともとApple製品が好きということもあり、多分に漏れず iPadを購入してみたわけですが、いかんせん使いどころが分からない。。。 iMac、MacB ...

SNSとの向き合い方

近年、IT化がより進む中、我々が幼少期の頃と比べ、現代の子供たちは小さい頃からネットに触れ情報を気軽に収集でき発信できるようになった。 それは羨ましいかぎりではあるが、そこには色々な落とし穴がある。 我々大人はSNSとの向き合い ...

外国人が思う日本の「素晴らしい&日本の変なところ」

日本の素晴らしいところ ・「約束の時間をちゃんと守る」 約束の時刻をきちんと守る堅実な人間が多い。 ・「他人への思いやりに溢れている」 街の人の親切さや接客の礼儀正しさには驚き外国人観光客が多い。 アメリカ人留学生 ...

訪日旅行者が日本に来る前に「知っておく事」

1、居酒屋では注文した以上の請求がある 海外ではお酒が高いが、日本ではお酒が安く、居酒屋が多いことから、 外国人は日本にきたら色々な居酒屋で料理や雰囲気を楽しみたいと考えている旅行者は結構います。 ただそこで訪日旅行者をよ ...

魅惑の火星探索 PT.2

魅惑の火星探索 PT.1 前人未到の火星だからこそ、未だに謎の多いものが続々と発見され続けています。 さすがに8本足のタコのような火星人は発見されていませんが、それでも明らかに生物ではないか?!と目される写真も散見されます。 ...

プログラマーから見たあやふやな世界

プログラマーの夫とその妻という設定でこんなジョークがあります。 A wife asks her husband, a programmer, “Could you please go shopping for me and buy o ...

秋の味覚「さんま」

こんにちは。 9月に入って少しずつ涼しくなってきて、もうすぐ夏も終わり、秋になります。 秋の魚といえば、さんまです。 焼いて大根おろしを乗せて食べると美味しいですよね。 今日は、さんまの栄養と効能について紹介しま ...

一富士二鷹三茄子、四以降は?

あけましておめでとうございます。 2018年もKnocknoteをよろしくお願い申し上げます。 皆様は新年を迎えて初夢は見ましたでしょうか。 新年最初の夢ですから、せっかくなのでバシっと一発縁起の良い夢を見たいものですよね ...

“ものづくり”としてのプログラミング

子供の頃って何かを作るのに夢中になりませんでしたか? 私自身が子供だった頃を思い出しても、 自分だけの新しい何かを作るという行為が楽しかった事を覚えています。 道端に落ちている木の棒と瓦礫を組み合わせて武器を作る。 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)