1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 月の不思議(パート1)

月の不思議(パート1)

投稿日 : 2017.09.01  |  カテゴリー : 未分類

20170803

月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。

地球を周回するただ1つの衛生。
直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地球から太陽までの距離が400倍だからである。
また地球から月までの平均距離はおよそ38万4,400キロメートルあり、1969年にアメリカのマクドナルド天文台で初めて計測がおこなわれてから今もなお、地球と月の距離は幾度となく計測されており、1年あたり3.8cmずつ月が遠ざかっていること判明している。

月は常に同じ面を向けている

月は自転と公転の周期が同じため、自転しているのにつねに同じ面を地球に向けている。
したがって地球からは裏側が見えないのだ。

月の裏側の観測に成功したアポロ8号乗組員は裏側を見ることに成功した。
その内のひとりは「月の裏側にはサンタクロースがいた。」という発言をしている。
アメリカではUMA(未確認生物)のことをサンタクロースというらしい。
乗組員たちはそこで何らかの生物(地球外生命体)を見たのではないかと言われている。
また、アポロ10号が月面の裏側を飛行した際、乗組員が1時間にもわたって口笛のような不思議な音を耳にしている。

月は空洞になっている?

アポロ計画の時、地震を人工的に起こし月の内部構造を探る実験が行われた。
その実験結果で地球の場合は、地震は1分程度で収束するが、アポロ12号の着陸船落として人工的に地震を起こしたところ、55分間揺れが続いたらしい。
また、アポロ13号は第3ブースター部分を月に落下させ人工地震を起こした結果、3時間も揺れが続いたようである。
なぜかはわからないが、空洞になっていて振動しやすくなっているのではとの説がでている。
そして、月の比重が地球の比重に比べてかなり小さいということもこれを裏付けている。

<続く>

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

AR-01ワークショップに参加しました

3月11日土曜日、神保町にある株式会社エーアイエル様主催による「AR-01」のワークショップが開催されました。 エーアイエル様は「親子で楽しめる電子工作」と題してオリジナルのロボット「AR-01」を開発しておられます。 写真 ...

冬本番の簡単にできる乾燥対策について

これからの季節は乾燥が気になりますね 今日は簡単にできる乾燥対策をいくつかご紹介いたします 洗濯物を室内に干す 洗濯物を室内に干すことで、洗濯物の水分で室内の湿度が上がり、乾燥の対策になります。 部屋干しの匂いが気になる場合は、 ...

よい決断力が身につく方法

判断力と決断力の違い 深く考えないと《判断》と《決断》は同じような意味にとらわれがちだが、全く意味が違う。 例えば買い物で『Aみかん』と『Bみかん』があり 『Aみかん』は品質が劣るが安い 『Bみかん』は品質は良いく高 ...

レトロフューチャーと、想像とは違う現実

illust via Retro-Futurismus レトロフューチャーという言葉があります。 retro(懐古)でありfuture(未来)でもある不思議な組み合わせの言葉。 1900年代初期、科学技術がますます発展する中「 ...

2017年人気記事ランキング TOP10

街もクリスマスムードに包まれはじめ、そろそろ2017年も年末モードに。ここ一年間の弊社のコラムTOP10を紹介したいと思います! では早速いってみましょう! 第10位 200年ぶりに新しい”青色”が発見された! 新しく発見さ ...

経営に必要な会計知識(その1)

経理と財務の違い 中小企業などの小規模組織では、経理と財務を経営者が一人で担っているケースをよく見られますが、本来は経理と財務は違う役割を果たしています。 まず「経理」とは経費や利益など、企業の中で日々にどれくらいのお金 ...

魅惑の火星探索 PT.2

魅惑の火星探索 PT.1 前人未到の火星だからこそ、未だに謎の多いものが続々と発見され続けています。 さすがに8本足のタコのような火星人は発見されていませんが、それでも明らかに生物ではないか?!と目される写真も散見されます。 ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

一富士二鷹三茄子、四以降は?

あけましておめでとうございます。 2018年もKnocknoteをよろしくお願い申し上げます。 皆様は新年を迎えて初夢は見ましたでしょうか。 新年最初の夢ですから、せっかくなのでバシっと一発縁起の良い夢を見たいものですよね ...

意外と怖いブルーライト

ブルーライトに対する認識は「目に悪そう」、「目が疲れる」というくらいのものでは無いでしょうか。 今回はブルーライトが体に与える影響と対策について書きます。 ブルーライトの影響 ブルーライトはエネルギーが強く、網膜に直接的なダメージ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)