1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 外国人が思う日本の「素晴らしい&日本の変なところ」

外国人が思う日本の「素晴らしい&日本の変なところ」

投稿日 : 2017.09.30  |  カテゴリー : インバウンド

20170803

日本の素晴らしいところ

・「約束の時間をちゃんと守る」
約束の時刻をきちんと守る堅実な人間が多い。

・「他人への思いやりに溢れている」
街の人の親切さや接客の礼儀正しさには驚き外国人観光客が多い。
アメリカ人留学生「道を聞いたらその場所まで連れて行ってくれたときは本当に驚いたし、自分もそうしようと思った」と。

・「世界で一番道徳心が高い」
忘れ物が戻ってきた日本人は世界で一番道徳心が高いといわれています。
財布などをなくしたものは、出てくることが多い。
いまだに無人の野菜売り場がたくさん存在している。
災害などが起こっても、暴動など起こすことはありません。

・「街がクリーン」
「日本人は夜中に無意識に起き出して街の掃除をしてるんじゃないか」と海外の人が疑うほど、海外から比べれば日本の街はクリーン。

・「ウォシュレットは凄い」
自動的に開き、流す、水量の調節まで自動。
高級ホテルだけではなく、普通にあるのがすごい。
ウォシュレットを祖国のお土産に持ち帰る人も多い。
寒い国は便座が温かくて、それだけでも喜ばれるみたいです。

日本の変なところ

・「本音がわからない」
確かに日本人は相手を思いやり、はっきりものをいいません。
考えておきますは、断りの言葉なんですが、伝わらず、何も考えていないと怒られたりする。

・「鼻を平気ですする」
確かに冬場は多いが、鼻をすするのは、マナーが悪いことなのだそうです。

・「すみません」
外国人は「日本人は謝ってばかり」と不思議に感じます。
確かに謝る頻度も他の国に比べて高いが、軽く感謝するときも「すみません」という言葉を使うことで、外国人の目には謝ってばかりのように見えてしまう。
確かにこの「すみません」の実際の意味を外国人に伝えるのは至難の業。
「ありがとう」というプラスの感謝表現がありながら、なぜ「すみません」というへりくだった言葉を使うのか?
確かにそう言われると不自然な感じがします。

最後に

どこの国でも同じようなことはありますが、おもてなしの心は忘れずに外国人をむかえましょう。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

おせち料理の歴史と意味

お正月に食べるものといえばおせち料理ですね。 今回はおせち料理の中身の意味についてご紹介いたします。 おせち料理の中身の由来 ・黒豆 一年「まめ」に働くという意味と、黒が邪気を払ってくれるという意味があります。 ...

映像の基礎-Part2-

フレームレートとは まず動画と静止画は、違うものと思われているかもしれませんが、動画は静止画の集まりです。 静止画を何枚も何枚も撮って、連続して見せることで動いているように見えます。 これが動画です。 イメージしづらい方はパラパ ...

kinokuni

第1回 すごい学校

学校法人きのくに子どもの村学園 「世界一自由な学校」といわれるサマーヒル・スクールのような学校を日本にもつくりたいという、堀さんの思いのもと、1992年に和歌山県にて設立された学校「きのくに」。 覚える教育ではなく考える教育が必 ...

月の不思議(パート1)

月 月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。 地球を周回するただ1つの衛生。 直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地 ...

訪日旅行者が日本に来る前に「知っておく事」

1、居酒屋では注文した以上の請求がある 海外ではお酒が高いが、日本ではお酒が安く、居酒屋が多いことから、 外国人は日本にきたら色々な居酒屋で料理や雰囲気を楽しみたいと考えている旅行者は結構います。 ただそこで訪日旅行者をよ ...

翻訳しにくい世界の言葉

様々な諺や単語がある中で、どうにも日本語に訳しづらい単語があります。 表現が難しい単語であったりして、「え?その単語いつどんな状況で使うの?」といった単語です。 一言では翻訳しずらい単語 1. ドイツ語:WALDEINSA ...

最高なGWの過ごし方
〜2017GW(ゴールデンウィーク)は最大9連休〜

ゴールデンウィークの歴史 GW(ゴールデンウィーク)という言葉は、そもそもいつから言われるようになったのでしょうか。 1951年5月初旬、映画会社大映がヒット作「自由学校」を上映し、大映の取締役が宣伝用語としてゴールデンウィークと言い出 ...

機械だって言語を持っているのだ!

私達が普段話している日本語。 小さい頃から親やその他の人が喋っているのを聞いて 小学校でひらがなやカタカナ更には漢字も含めて、書いたり発音したり学習してきた結果 私達はスムーズに母国語である日本語を何不自由なく理解し、使用していま ...

SNSとの向き合い方

近年、IT化がより進む中、我々が幼少期の頃と比べ、現代の子供たちは小さい頃からネットに触れ情報を気軽に収集でき発信できるようになった。 それは羨ましいかぎりではあるが、そこには色々な落とし穴がある。 我々大人はSNSとの向き合い ...

KnocknoteEducation 1周年記念のご挨拶

プログラミング教室 KnocknoteEducation 1周年記念のご挨拶 謹啓 残暑の候 ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引立てを賜り厚くお礼申し上げます。 さて、弊社プログラミング教育事業Kno ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)