Knocknote

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. ついに対決!日米巨大ロボット対決!

ついに対決!日米巨大ロボット対決!

投稿日 : 2017.10.18  |  カテゴリー : クラタス

ついに対決!日米巨大ロボット対決!

時は2017年10月18日午前11時。ついに待ちに待った日米巨大ロボット対決が始まりました。以前の記事でもお伝えしていました巨大ロボット対決が本当に実現しました。

第1戦  水道橋重工「クラタス」 VS MegaBots「Mk.II」

日本からは水道橋重工の「クラタス」。
水道橋重工  「クラタス」
アメリカからはMegaBotsの「Mk.II(マークツー)」。
MegaBots  「Mk.II」
この2機が戦うんです!CGではなくリアルの世界で。あえて結果は伏せますので、激闘の結果は下記動画をご覧ください。

第2戦  水道橋重工「クラタス」 VS MegaBots「Eagle Prime」

まさかの2戦目に突入。アメリカからMegaBotsの新型ロボ「Eagle Prime」。
Eagle Prime
かなり大きいです・・・。

いざ、対戦開始

場所もドラマにでもでてきそうな、倉庫のような建物の中。かなり雰囲気がでています。この日のためにいろんな準備をしてきたであろうエンジニアの気持ちを考えると、こっちまで緊張してしまいます。

本編はこちらです。

弊社ロボットコースでも、ロボット対決をよく行なっております!(もちろん規模はこんなにおおきくはないですが・・・)。未来のスーパーロボットを作る子供達!是非一度Knocknote(ノックノート)に遊びにきてくださいね!

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

空飛ぶ〇〇

空が飛べたら、、、 東京都内は毎日渋滞していて、この渋滞が無くなって欲しいとか毎日思います。 手塚作品などで空を飛ぶ車などがありますが、まさに欲しくなります。 空を飛ぶ乗り物はヘリコプターや飛行機以外に何があるのか気になり調べてみ ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

第8回教育ITソリューションEXPO最終日レポート

本日はICT教育の教材にふれる為に東京ビッグサイトにて開催されている教育ITソリューションEXPO(EDIX)へ行ってきました。 EDIXとはリード エグジビション ジャパン株式会社さんが運営する、業務支援システム、ICT機器、デ ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

ドローンの有効活用

活躍するドローン ・医療で活躍するドローン スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上 ...

2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事 予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。 ・農業 ・漁師 ・土木 ・兵士 ・通訳 ・レジ係 ・役場関係 ・ドライバー関係 ・レ ...

作りますか?奪われますか?

わたしの仕事、ロボットに奪われますか? ロボットは人の生活を豊かにするものですが、一方で時に人の仕事を奪ってしまうのではないかと懸念されています。 日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同開発で、『わたしの仕事、ロボットに奪わ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)