1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 続・柔らかいロボット

続・柔らかいロボット

投稿日 : 2017.10.27  |  カテゴリー : ロボット


前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。
柔らかいロボット
今回はその続編を書いていこうと思います。

今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。
皆さんも疑問を感じたと思います。
ロボットなのに食べれる、、、そもそもロボットは食べ物ではありません。
食べれるというのはどうゆうものなのか見て行きましょう。

このロボットはスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームが、食べられる材料を利用して空圧アクチュエータを開発したものです。
空圧アクチュエータとは空気を入れて膨らむことで、形状が変わるアクチュエータです。ソフトロボットを動かすためには必要なアクチュエータです。
このロボットは将来的に、体内に入り込んで必要な場所に直接薬を届けてくれて、さらに代謝可能なロボットを現実のものにできると期待されています。

このロボットは素材が、ゼラチン・グリセロール合成物からできた90mm長のデバイスで。これを用いたアクチュエータは多数の分離された部屋で構成され、各部屋は圧縮空気の注入により選択的に膨張します。
その結果、構造全体を曲げたり、力を発揮したりできます。
論文では、25kPaの空圧により、曲げ角度は約170°まで可能であり、0.34Nまでの力を出せると報告され、これまでソフト・ロボットに使用されてきたエラストマーとほぼ同じ性能を発揮できます。
なるほど、ゼラチンでできてるから食べることが可能なんですね。
実際にものを掴んでいる写真が下の通りです。

しっかりとものを掴むことができています。
確かに研究はいまだ初期段階ですが。食べられる材料から作られたセンサやバッテリなどをこのアクチュエータと組み合わせれば、より高機能なデバイスを生み出せるものと研究チームは期待しています。
ちなみに、研究チームでは味のついた美味しいロボットも研究中とのことです。

体内に入れても大丈夫なロボットであれば、医療業界にも革新的な進歩をもたらしていくことができるでしょう。
今後の食べれるロボットの進化に注目です。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

記憶力を考える

記憶力は低下するのか 1秒に1個脳細胞が死んでおり、歳をとると物覚えが悪くなるといわれている。 最新の脳科学の研究結果では歳をとっても脳細胞は増える結果がでている。 つまり、我々は歳をとり仕事や生活でいっぱいいっぱいになり ...

空飛ぶ〇〇

空が飛べたら、、、 東京都内は毎日渋滞していて、この渋滞が無くなって欲しいとか毎日思います。 手塚作品などで空を飛ぶ車などがありますが、まさに欲しくなります。 空を飛ぶ乗り物はヘリコプターや飛行機以外に何があるのか気になり調べてみ ...

月の不思議(パート1)

月 月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。 地球を周回するただ1つの衛生。 直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地 ...

プログラミングを巧みに使い成功した偉人達

Steve Jobs  (スティーブ・ジョブズ) Apple創業者 Bill Gates (ビル・ゲイツ) Microsoft創業者 Mark Zuckerberg (マーク・ザッ ...

ついに対決!日米巨大ロボット対決!

ついに対決!日米巨大ロボット対決! 時は2017年10月18日午前11時。ついに待ちに待った日米巨大ロボット対決が始まりました。以前の記事でもお伝えしていました巨大ロボット対決が本当に実現しました。 第1戦  水道橋重工「クラタス」 ...

脳科学から見る子供の成長

脳 そもそも、脳って何でできてるんでしょうか。脳は神経細胞の塊です。神経細胞とは、電気信号を発して情報をやりとりする細胞です。その数は脳全体で千数百億個にもなると言われています。 神経細胞は、遺伝情報が書かれたDNAを含む核やエ ...

ナッツの女王「ピスタチオ」

ナッツの女王 「ピスタチオ」は、栄養価の高さがものすごい事から「ナッツの女王」と呼ばれています。 主にお酒のおつまみやオヤツとして食べられていますが、実はそれだけでは勿体無いほど栄養があります。 今回は「ピスタチオ」に ...

AR-01ワークショップに参加しました

3月11日土曜日、神保町にある株式会社エーアイエル様主催による「AR-01」のワークショップが開催されました。 エーアイエル様は「親子で楽しめる電子工作」と題してオリジナルのロボット「AR-01」を開発しておられます。 写真 ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)