1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 念じて飛ばすドローンの誕生か?

念じて飛ばすドローンの誕生か?

投稿日 : 2017.11.24  |  カテゴリー : AI

20170803

念じて飛ばすドローンの誕生か?

映画や漫画の世界で表現されてきた「見えない力」。
誰もが憧れたこの力で物を飛ばせる技術が近い将来実現されるかもしれない。
それは現在、脳内で考えたものをコントロールできる技術が急速に発展しているからだ。

その一つがブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)と呼ばれるテクノロジーである。これは脳とコンピューターをつなぐ技術で、脳に取り付けられたセンサーが脳から発せられる電気信号を読み取り、デバイスを操作することができます。

そこでドローンを取り上げましたが、すでにコントローラーを使わずに脳はで操作ができる技術が開発されているというかあら驚きである。
また2016年にはフロリダ大学で脳はで動かすドローンを使用したレースも開催されたほどである。

こちらの詳細は、操縦者が脳波センサーヘッドセットを着用しパソコンに映し出されたキューブを動かそうと念じると、ある程度ならコントロールできる実証がされた。

これらの技術が進歩すれば、我々はキーボードの操作や、扉の開閉、また様々な生活が楽になってくるだろう。またプログラミング能力がさらに必要な時代になってくることが予想される。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

脳科学から見る子供の成長

脳 そもそも、脳って何でできてるんでしょうか。脳は神経細胞の塊です。神経細胞とは、電気信号を発して情報をやりとりする細胞です。その数は脳全体で千数百億個にもなると言われています。 神経細胞は、遺伝情報が書かれたDNAを含む核やエ ...

2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事 予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。 ・農業 ・漁師 ・土木 ・兵士 ・通訳 ・レジ係 ・役場関係 ・ドライバー関係 ・レ ...

AIによって増える仕事・残る仕事

最近AI・人工知能によって無くなってしまう仕事の話をよく耳にします。 なので今回は、AI・人工知能によって増える仕事、残る仕事の話をしたいと思います。 増える仕事 ・ロボット・アドバイザー ・単純化するエキスパート ・輸送アナリス ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

ナッツの女王「ピスタチオ」

ナッツの女王 「ピスタチオ」は、栄養価の高さがものすごい事から「ナッツの女王」と呼ばれています。 主にお酒のおつまみやオヤツとして食べられていますが、実はそれだけでは勿体無いほど栄養があります。 今回は「ピスタチオ」に ...

Scratch(スクラッチ)の拡張性

注目されるスクラッチ 2020年のプログラミング必修化にが話題となる中、子供向けのプログラミングが注目されています。 その中でも子供向けのプログラミング言語として有名なScratchはプログラミング学習によく活用されています。 我々K ...

仮想通貨ってお金なの?

仮想通貨を使った事がありますか? 仮想ですから実態を持たないお金であり、多くは特定のコミュニティ内でのみ価値を持ちうるものと言えるでしょう。 インターネットの黎明期から多くのゲームが生み出されてきたネットの世界ではさも当 ...

空飛ぶ〇〇

空が飛べたら、、、 東京都内は毎日渋滞していて、この渋滞が無くなって欲しいとか毎日思います。 手塚作品などで空を飛ぶ車などがありますが、まさに欲しくなります。 空を飛ぶ乗り物はヘリコプターや飛行機以外に何があるのか気になり調べてみ ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

ワイヤレス充電を可能にする○○とは

ワイヤレス充電を可能にする○○とは IoT機器が普及し始めるにつれて、従来のケーブルを使った充電方式はどんどん不便になるこ。その中、「ケーブルを使わずにすべての機器を充電する」という画期的な技術を実現したのが「Wi-Charg ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)