1. トップ
  2. コラム一覧
  3. IT人材不足が深刻に

IT人材不足が深刻に

投稿日 : 2017.11.03  |  カテゴリー : IT雑記

20170803

IT人材不足が深刻に

りそな総合研究所の発表によると、AIやIoTなどの「第4次産業革命」の技術を活用できる人材が、関西では不足状態に陥るとの試算をまとめました。

平成32年には必要な人材の4割程度しか確保できない見通となっています。
企業の生産効率が向上しないといった悪影響が出る可能性があり、最先端IT技術者の育成の重要性を指摘しています。

また人材不足の背景にはITを活用する事業分野が拡大していることがあげ、WEBアプリベースのサービスも増え、IoTと呼ばれる家電、衣服、メガネ、時計などの所謂有形製品でも、IT技術と切り離せないものになってきた。
その結果としてIT技術者を求める業界・会社・市場が大きく増え、IT技術者の人材不足となっているのです。

そこで関西では中小IT企業が多く、大手に比べて人材の確保、交流が困難なのが要因であり、早々に人材の確保や、育成に取り組まないといけない状況に陥っております。

IT人材不足の対策

まずはIT技術者の人材育成。

そして3K「きつい」「厳しい」「帰れない」というネガティブなイメージの払拭。

また激務の割に給料が安いという賃金の改善を今後していかなければなりません。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

給料と幸福度の高い職業

給料と幸福度の高い職業 米求人サイトのキャリアブリスは、年収10万ドル(約1100万円)以上の職業に限定した幸福度ランキングを発表しました。 ランキング作成にあたり、キャリアブリスは2015年1月から2017年6月1日までに従業 ...

ウェブサイトの仕組みを知る! html編 其の2

[ウェブサイトの仕組みを知る!] html編 其の1 : ウェブサイトの仕組みを知る! html編 其の1 css編 其の1 : ウェブサイトの仕組みを知る! css編 其の1 htmlとは、以前述べたとおり、we ...

ビジュアルプログラミング言語

2020年のプログラミング必修化 2020年に小学生のプログラミング必修化に向けて様々な学習ツールが発表されています。 中でも使いやすく、拡張性の高いビジュアルプログラミング言語は特に注目を浴びているのではないでしょうか? 今回は ...

医療のICT化

ICT化の背景  超高齢社会に突入した日本においては、社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等、様々な課題に直面しています。 そんな中、政府の健康・医療戦略(平成26年7月22日閣議決定)において「世界最先端の医療の実現のため ...

学生の進路と優良ITベンチャーの条件

学生の進路 高等学校卒業者の進路 大学・短大進学率(現役) 54.8% 専門学校進学率(現役) 16.3% 就職 17.8% その他 11.1% 大学卒業者の進路 就職 74.7% 大学院等への進 ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

便利なIoT化

進むIoT化 学校や企業でIoT化が進んでいます。小学校だと2020年に全学校の無線ネットワークの普及も計画されています。 最近は家電のIoT化も進んでいて、家電をネットワーク接続し携帯電話や専用端末で操作ができるものも販売されています ...

colors

カラーコードと16進数

カラーコード  #FFFF00は何色を表現するのでしょうか。 正解は 黄色です。 Webでは色を16進数で表示します。例えば上記の黄色は#FFFF00で表現しましたが、これらの文字列は、16進法で表されています。16進法の ...

ウェブサイトの仕組みを知る! css編 其の1

ウェブサイトの仕組みを知る! html編 其の1ウェブサイトの仕組みを知る! html編 其の1 の続きです。 cssの役割 htmlとはなにか、をザックリと説明したところで、よりhtmlへの理解を深めていただくために説明しなく ...

Adobe FLASHが通った道

ウェブ技術の内情は日々変わり続けています。 去年流行していたデザイン手法が今ではもうすでに古臭い手法となっていたり、トレンドと廃りのサイクルの速さはファッション業界に匹敵もしくは凌駕する勢いであると感じます。 過去に、流行り ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)