1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 視力低下の原因と予防法

視力低下の原因と予防法

投稿日 : 2017.12.24  |  カテゴリー : Knocknote

子供の視力が昔と比べて低下しているのはご存知ですか?
今回は、視力低下の原因と予防法についてまとめます。

写真

見えづらくなる仕組み

カメラは、ピントがうまく調整できないとぼやけた写真になってしましますね。

目も同様で、光の屈折の調整をする「毛様体」がうまく働かないと、光の屈折が調整できず、見たものがぼやけてしまいます。

写真

視力低下の原因

近くを見すぎている
・人近くのものを見ると、毛様体筋が緊張してしまいます。現代人は、パソコンやスマートフォンを見ている時間が長いので、毛様体筋が緊張しやすい傾向にあります。

光の影響
・テレビやパソコンなどの光源を見続けると、目が疲れてしまいます。プログラマー、エンジニアなどパソコンに向かう時間が長い人は特に注意が必要です。

栄養
・目に必要な栄養素として「ビタミンB1」があります。
ビタミンB1は目の神経伝達に必要な栄養素です。甘いものを食べるとビタミンB1が目にたまりづらくなるので取りすぎには気をつけましょう。

写真

視力低下の予防法

出来るだけ遠くを見る時間を作る
・遠くを見ると毛様体筋が緩むので、目の疲れが和らぎます。

目を温める
・タオルなどで目を温めると、目がリラックスして、視力の低下に繋がります。

適度に休憩する
・休む時間を決めて、休憩をはさむことで、目への負担が少なくなり、視力低下の予防になります。

写真

最後に

現在、レーシック以外で視力を上げる方法はありません。
なので、視力が下がらないように視力低下の予防をしましょう。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

やる気がでないときに1

皆さんはやる気が出ないときはありませんか? 仕事に行かないといけないのに行きたくないとき、家事をしないといけないのにしたくないとき、学校に行かないといけないのに行きたくないとき等、、、 実はやる気の出ない状況のまま我慢してしまう ...

プログラミングを習う意義とは?

弊社が運営しているプログラミングスクール「Knocknote Education」では、講師が全員現役のプログラマーである事を強みとして「どうなってるの?」を「分かった」に変えられるだけの力と環境が揃っています。 プログラムは果た ...

Scratchで『その他』のブロックを使ってみよう

紫の『その他』のブロック 皆さんの中でその他のブロックって何だろうと思ってる人もいるかもしれません。 何に使うのかが、イマイチわからない、、、 そんな方でも大丈夫です。今ここで解決しちゃいましょう。 では早速、下のようにスクリプ ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

病院でもインバウンド対策

病院でもインバウンド対策 国立国際医療研究センターは2017年1月17日に、多言語対応した再来受付システムを開発したことを発表しました。 なぜなら今後ますます訪日旅行者が増え、医療現場のインバウンド化は必須になり、また病 ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

脳科学から見る子供の成長

脳 そもそも、脳って何でできてるんでしょうか。脳は神経細胞の塊です。神経細胞とは、電気信号を発して情報をやりとりする細胞です。その数は脳全体で千数百億個にもなると言われています。 神経細胞は、遺伝情報が書かれたDNAを含む核やエ ...

プログラミング教室を知ったきっかけの40%が口コミか紹介

2020年にプログラミング教育の必修化決定、2017年に習わせたい習い事で1位になる(イー・ラーニング研究所調べ)等、幼少年代からのプログラミング教育が話題になっております。 Knocknoteでもプログラミングスクール事業はメイン事業と ...

子供も喜ぶ世界のクリスマス3選 2017

クリスマスが近づくと、なんだか街もイルミネーションで煌めきはじめ、ラジオではクリスマスソングが流れ、いつしかクリスマスの雰囲気に包まれているものです。子供はもちろん、大人もなんだかワクワクするものではないでしょうか。 実際時が来てしまえば ...

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)