1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part4 〜INSERT句でデータを追加〜

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part4 〜INSERT句でデータを追加〜

投稿日 : 2018.02.24  |  カテゴリー : 非エンジニアでも知らないとヤバイ

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part4 〜INSERT句でデータを追加〜

前回はWHEREでテーブルから指定した条件のデータを抽出する方法を学びましたね。
今回はテーブルにデータを追加して拡張してくれるINSERT文について学んでいきましょう。

前回までの内容が気になる方はこちらから↓

非エンジニアでも必ず押さえておくべきSQL

データの追加

 
 
前回までの内容で、このテーブルの中からデータを抽出することはできるようになりました。
 
しかし、テーブルがこれだけだと寂しいですよね。
新入社員を追加したり、変更も加えたい時もあると思います。
 
 
 
そこで出てくるのがINSERT文です。
INSERTとは「~を差し込む」「挿入する」という意味で、データを追加するために使われます。
 

INSERT INTO テーブル名 VALUES('データ名','データ名'…);

 
INSERT文には書き方があり、上のように書きます。例によって文末の;は忘れないようにしましょう。

実際にINSERTを用いて、上のテーブルに新入社員の山本さんを追加してみます。
 

INSERT INTO t_employee VALUES(9,'山本',23,'女');

 
これでこのテーブルに山本さんを追加できます。
 

 
VALUESの中で指定しているのが加えたいデータです。
 
つまり、上のINSERT文にはt_employeeというテーブルに社員ID”9”番で”山本”さんという”23”歳の”女性”社員を追加します”という意味があるんですね。

わからないデータがある時

追加したいデータがあってもわからない値があるかもしれないですよね。
 
そういうときには上のINSERT文を少し変えて
 

INSERT INTO t_employee(‘id’,’name’) VALUES(10,’尾形’);

 
とします。これで社員ナンバーに”10”を入れて氏名に”尾形”を入れることができます。
他のnameやageの部分は空白のままになっています。

※また別の時に話すと思いますが、テーブルがNULL値を拒否してる場合はこのやり方は使えません。

複数のデータをまとめて追加したいとき

以上の方法でINSERTで追加する方法は学びました。ですがこのままではデータを一つずつしか入れることができません。
 

INSERT INTO t_employee VALUES(10,'青木',24,'男');
INSERT INTO t_employee VALUES(11,'横山',23,'男');
INSERT INTO t_employee VALUES(12,'勝田',30,'女');
INSERT INTO t_employee VALUES(13,'小暮',24,'女');
INSERT INTO t_employee VALUES(14,'小宮山',24,'女');

 

この方法でやっても追加はされてますが、少し面倒ですよね。
 
そんな時にはこんな風にしてみてください。
 

INSERT INTO t_employee VALUES
(10,'青木',24,'男'),
(11,'横山',23,'男'),
(12,'勝田',30,'女'),
(13,'小暮',24,'女'),
(14,'小宮山',24,'女');

 
このようにコンマで繋げるだけで簡単にデータを複数追加することが出来るようになります。

 

まとめ

・INSERT INTOテーブル名 VALUES(データ,データ,…)でデータを追加できる。
・複数追加したいときは「,」で省略できる。
次回はデータの内容を変更したいときに使うUPDATEと、データの削除のときに使
うDELETEについて学んでいきましょう。

プログラミングを学んでみたい方、短期間でプログラミングを身につけたい方は64時間で”なりたい”を叶えるプログラミングスクール「WISH」にお気軽にお問い合わせください。現在無料カウンセリングや、入会金無料キャンペーン、さらに受講料20%オフのキャンペーンを開催しております。
プログラミング教室 新宿 大人

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
非エンジニアでも知らないとヤバイSQL

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part1

非エンジニアでもエンジニアの知識が最低限必要 IT業界で働いていくには、非エンジニアでもエンジニアの知識がある程度必要です。営業マンやマーケッター、プランナーやデザイナーであっても、同じ業界で働くためには社外の打ち合わせなどはもちろん、社 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part5 〜UPDATEとDELETEでデータを編集〜

span{font-size:15px;} 非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part5 ~UPDATEとDELETEでデータを編集~ 前回はテーブルにデータを追加するためのINSERT文について学びました。 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイGit Part1

そもそもGitとは Gitは分散型のバージョン管理システム。 分散型とは、リポジトリと言われる開発過程が保存されているデータベースが自分やチームのマシン(パソコン)に入っているタイプ。 バージョン管理システムは、コードなどの開発過 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part3 〜WHERE句で検索条件を指定〜

SELECT文について 前回は、SQLにてSELECTする際、全カラム抽出、カラム指定抽出、件数指定抽出、OFFSETを使った件数指定抽出についてでした。 DBの種類(「関係型」「NoSQL」「階層型」「ネットワーク型」)、その中でも現 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイGit Part2

はじめに 前回は、Gitの基本的な機能、リモートリポジトリ・ローカルリポジトリ、コミットについて説明した。 今回は、 Gitの機能の1つであるクローン、Push、Pullについて説明する。 クローンとは 共同で開発を進める際に作 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイGit Part3

はじめに 今回は競合の解決について説明する。 前回までの記事はこちら 非エンジニアでも知らないとヤバイGit Part1 非エンジニアでも知らないとヤバイGit Part2 競合の発生 リモートリポジトリとローカルリポジトリ ...

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL

非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part6 〜似て非なるTRUNCATEとDROP〜

span{font-size:15px;} 非エンジニアでも知らないとヤバイSQL Part6 〜似て非なるTRUNCATEとDROP〜 前回はテーブルのデータの更新と削除を行うための「UPDATE」と「DELETE ...

非エンジニアでも知らないとヤバイCPU Part1

そもそもCPUとは CPUとは、Central Processing Unitの略で、日本語では中央演算処理装置と言い、別名はプロッセッサーです。 入力装置などから受けっとった値を処理し、出力装置などで結果を出力します。 CPUの内部 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイPHP Part1

プログラミング経験有無に関わらず知識は必要 タイトルに記載していますように非エンジニアの方(業界問わず)でもプログラミングに関する知識は必要です。昨今世界中においてあらゆる分野において情報化が進んでいます。これは日本も例外ではありません。 ...

非エンジニアでも知らないとヤバイCPU Part2

コア、クロック周波数 前回の非エンジニアでも知らないとヤバイCPU Part1 では、CPUの処理性能がわかるクロック周波数と、CPUの中心をになっているコアについて触れました。 今回は、処理を効率よく進めるためのキャッシュ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)