Knocknote

  1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 来年はどうなる?子供にさせたい習い事ランキング

来年はどうなる?子供にさせたい習い事ランキング

投稿日 : 2018.05.20  |  カテゴリー : IT雑記

2016年の年末に株式会社イー・ラーニング研究所が子供がいる親世代に聞いた「年末年始の習い事アンケート」を実施しました。

2016年に子供にさせた習い事

まずは、2016年に子供に習い事をさせていたかという質問に対して、「はい」が51%、「いいえ」が49%という結果になり、2人に1人が習い事をしていたことがわかりました。

習い事の種類は、定番の「スポーツ系」、「学習塾」などが上位に来ていました。

写真

2017年に子供に習わせたい習い事

子供に習わせたい習い事には、2020年から必修化になる「プログラミング教室」が最も多い回答になりました。ITがどんどん進んでいて、子供の将来の夢にも「プログマラー」や「YouTuber」がランクインする時代なので、最も多い回答になるのも納得です。

次に「英会話スクール」、「スポーツ系」が並びました。

その習い事を習わせたい理由としては、「将来のためになると思ったから」、「本人が希望したから」という理由が多く見られました。

写真

来年はどうなるのか

2018年もプログラミングに対する関心・興味はますます増えていくと思われます。
小さい頃からプログラミングを勉強すると論理的思考が身につき、ますます進んでいくIT化によって需要もさらに増えていきます。

私も小さいことからプログラミングを学びたかったと現在思っています。

Knocknoteでプログラミングを学びたい方はこちらまで

写真

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

便利なIoT化

進むIoT化 学校や企業でIoT化が進んでいます。小学校だと2020年に全学校の無線ネットワークの普及も計画されています。 最近は家電のIoT化も進んでいて、家電をネットワーク接続し携帯電話や専用端末で操作ができるものも販売されています ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

Twiiterがルールを変更

今回は日本でも最近事件になった。Twitterのルールが変更になったことについて書かせていただきます。 Twitterのルールが変更に アメリカのTwitterは11月3日、サービスルールを変更し、自殺や自傷行為の助長などは明確に違反事 ...

「ポケモン」の次は「ハリー・ポッター」!

ポケモンGOのNiantic社が、11月8日公式ブログで、「Harry Potter : Wizards Unite (邦題未定)」を開発中であることを発表しました。 映画や小説などでおなじみの「ハリー・ポッター」を題材にしたゲームで ...

オンライン画像編集サービス「Pixlr」が凄い!

ウェブ制作において欠かす事のできない写真や画像。 自分で撮影した写真やフリー素材を使う事が多いと思いますがその画像をちょっと加工して自サイトらしさを出したいという事はよくあります。 画像の縦横比やサイズを変えたり、コントラス ...

学生の進路と優良ITベンチャーの条件

学生の進路 高等学校卒業者の進路 大学・短大進学率(現役) 54.8% 専門学校進学率(現役) 16.3% 就職 17.8% その他 11.1% 大学卒業者の進路 就職 74.7% 大学院等への進 ...

IT人材不足が深刻に

IT人材不足が深刻に りそな総合研究所の発表によると、AIやIoTなどの「第4次産業革命」の技術を活用できる人材が、関西では不足状態に陥るとの試算をまとめました。 平成32年には必要な人材の4割程度しか確保できない見通と ...

colors

カラーコードと16進数

カラーコード  #FFFF00は何色を表現するのでしょうか。 正解は 黄色です。 Webでは色を16進数で表示します。例えば上記の黄色は#FFFF00で表現しましたが、これらの文字列は、16進法で表されています。16進法の ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

意外と怖いブルーライト

ブルーライトに対する認識は「目に悪そう」、「目が疲れる」というくらいのものでは無いでしょうか。 今回はブルーライトが体に与える影響と対策について書きます。 ブルーライトの影響 ブルーライトはエネルギーが強く、網膜に直接的なダメージ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)