1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 第1回 人類 VS ロボット

第1回 人類 VS ロボット

投稿日 : 2017.03.08  |  カテゴリー : AI

第1回 人類 VS ロボット

第1回 人類 VS ロボットのお題は「ルービックキューブ」です。
みなさんは勝つのは人類だと思いますか?それともロボット?

ギネス記録保持

ではまずは人類から見ていきましょう。
人類代表はギネス記録保持者のアメリカ・テネシー州在住の14歳の少年ルーカス・エッターくん

(出典:ギネスワールドレコーズ公式サイト 検索2017/3/8)

最速ロボット

さあ続いてロボットです。
同じくギネスワールドレコードに認定されております。仕組みとしてはカメラで表面を撮影しPCでデータ解析処理をしアームでルービックキューブを揃えていくというものです。

(出典:ギネスワールドレコーズ公式サイト 検索2017/3/8)

勝者発表

みなさん驚愕の映像はご覧になりましたでしょうか。もう凄過ぎて言葉が出ません。

第1回 人類 VS ロボットを制したのは「ロボット」でした。圧勝でしたね。
ちなみにロボットのルービックキューブの最速記録ですが、1秒台を切ったのが2016年にはいってからです。

次はどんな対戦が見られるのでしょうか。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
日産セレナ

車の自動運転レベル

自動運転車 近年自動運転車が大手自動車メーカーから発売されています矢沢永吉さんがCM出演している日産セレナの手を離して運転している姿は皆さんもご覧になったことはあるかもしれません。あちらは日産のプロパイロットというシステムです。 実 ...

作りますか?奪われますか?

わたしの仕事、ロボットに奪われますか? ロボットは人の生活を豊かにするものですが、一方で時に人の仕事を奪ってしまうのではないかと懸念されています。 日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同開発で、『わたしの仕事、ロボットに奪わ ...

2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事 予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。 ・農業 ・漁師 ・土木 ・兵士 ・通訳 ・レジ係 ・役場関係 ・ドライバー関係 ・レ ...

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

念じて飛ばすドローンの誕生か?

念じて飛ばすドローンの誕生か? 映画や漫画の世界で表現されてきた「見えない力」。 誰もが憧れたこの力で物を飛ばせる技術が近い将来実現されるかもしれない。 それは現在、脳内で考えたものをコントロールできる技術が急速に発展して ...

ドローンの有効活用

活躍するドローン ・医療で活躍するドローン スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上 ...

第8回教育ITソリューションEXPO最終日レポート

本日はICT教育の教材にふれる為に東京ビッグサイトにて開催されている教育ITソリューションEXPO(EDIX)へ行ってきました。 EDIXとはリード エグジビション ジャパン株式会社さんが運営する、業務支援システム、ICT機器、デ ...

AIによって増える仕事・残る仕事

最近AI・人工知能によって無くなってしまう仕事の話をよく耳にします。 なので今回は、AI・人工知能によって増える仕事、残る仕事の話をしたいと思います。 増える仕事 ・ロボット・アドバイザー ・単純化するエキスパート ・輸送アナリス ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)