1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事

投稿日 : 2018.10.21  |  カテゴリー : AI

20170803

2020年以降無くなりそうな仕事

予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。
・農業
・漁師
・土木
・兵士
・通訳
・レジ係
・役場関係
・ドライバー関係
・レンタルビデオ
・受付・案内業務
・新聞配達員
・郵便配達員

などが予測できます。

ではなぜなくなると予測されるのか。

それは人間よりはるかに仕事効率の良いロボットの導入によるもの。
最近では、スーパーのレジの自動化や、無料翻訳機能の充実、また人間の安全を考慮したロボット(兵士ロボットや、自動運転、無人機)などがあげられます。

すでに人間が働く環境をロボットに奪われる?時代はすぐそこまできているのです。

では逆に2020年以降に残るであろう職業はなにか?
おそらく下記の職業などが今後生き残るものではないかと想定されます。

・エンジニア
・修理工
・製薬会社
etc…

おそらく今後生き残るであろう職業としては主に技術職関係の仕事が多いことが挙げられます。
また今の子供達は技術を身につけなくてはならない状況になっており、今後IT化の進化についていける教育をしていかなければならないのではないでしょうか。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

IT化が加速し印刷業界の需要が激減

印刷業界に打撃を与えたIT化 IT化が進みインターネットの普及などで、情報を簡単に入手できること。また現在では電子書籍なども普及し、ネット印刷などでも簡単に印刷の注文ができ価格競争のパワーバランスは急激にくずれ倒産する会社は年 ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

ウイルス

マルウェアとその脅威

マルウェア(Malware) コンピューターウイルス総称をマルウェアと呼びます。 Malicious Software = 悪意のあるソフトウェア ユーザーに迷惑をかける、悪意のあるソフトウェアをひっくるめてマルウ ...

日本はIT後進国なのか

IT後進国か否か 日本はIT機器の普及なども充実しているようにみえ、経済的にも先進国として認識されている。 また戦後から産業か発展し日本製が多く出回るようになったが、現在はどうか? 現在、パソコンは日本製よりも海外製の ...

AIによって増える仕事・残る仕事

最近AI・人工知能によって無くなってしまう仕事の話をよく耳にします。 なので今回は、AI・人工知能によって増える仕事、残る仕事の話をしたいと思います。 増える仕事 ・ロボット・アドバイザー ・単純化するエキスパート ・輸送アナリス ...

給料と幸福度の高い職業

給料と幸福度の高い職業 米求人サイトのキャリアブリスは、年収10万ドル(約1100万円)以上の職業に限定した幸福度ランキングを発表しました。 ランキング作成にあたり、キャリアブリスは2015年1月から2017年6月1日までに従業 ...

作りますか?奪われますか?

わたしの仕事、ロボットに奪われますか? ロボットは人の生活を豊かにするものですが、一方で時に人の仕事を奪ってしまうのではないかと懸念されています。 日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同開発で、『わたしの仕事、ロボットに奪わ ...

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)