1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事

投稿日 : 2018.10.21  |  カテゴリー : AI

20170803

2020年以降無くなりそうな仕事

予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。
・農業
・漁師
・土木
・兵士
・通訳
・レジ係
・役場関係
・ドライバー関係
・レンタルビデオ
・受付・案内業務
・新聞配達員
・郵便配達員

などが予測できます。

ではなぜなくなると予測されるのか。

それは人間よりはるかに仕事効率の良いロボットの導入によるもの。
最近では、スーパーのレジの自動化や、無料翻訳機能の充実、また人間の安全を考慮したロボット(兵士ロボットや、自動運転、無人機)などがあげられます。

すでに人間が働く環境をロボットに奪われる?時代はすぐそこまできているのです。

では逆に2020年以降に残るであろう職業はなにか?
おそらく下記の職業などが今後生き残るものではないかと想定されます。

・エンジニア
・修理工
・製薬会社
etc…

おそらく今後生き残るであろう職業としては主に技術職関係の仕事が多いことが挙げられます。
また今の子供達は技術を身につけなくてはならない状況になっており、今後IT化の進化についていける教育をしていかなければならないのではないでしょうか。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

AIによって増える仕事・残る仕事

最近AI・人工知能によって無くなってしまう仕事の話をよく耳にします。 なので今回は、AI・人工知能によって増える仕事、残る仕事の話をしたいと思います。 増える仕事 ・ロボット・アドバイザー ・単純化するエキスパート ・輸送アナリス ...

空飛ぶ〇〇

空が飛べたら、、、 東京都内は毎日渋滞していて、この渋滞が無くなって欲しいとか毎日思います。 手塚作品などで空を飛ぶ車などがありますが、まさに欲しくなります。 空を飛ぶ乗り物はヘリコプターや飛行機以外に何があるのか気になり調べてみ ...

アマゾンによる実店舗運営「Amazon Go」

Amazonが新たに「Amazon Go」というサービスを開始しようとしています。 アマゾン主体のコンビニをイメージすると分かりやすいでしょう。 ネットショッピング界最強と言われるAmazon。 現状アマゾンさえあれば消費 ...

日本はIT後進国なのか

IT後進国か否か 日本はIT機器の普及なども充実しているようにみえ、経済的にも先進国として認識されている。 また戦後から産業か発展し日本製が多く出回るようになったが、現在はどうか? 現在、パソコンは日本製よりも海外製の ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

ウイルス

マルウェアとその脅威

マルウェア(Malware) コンピューターウイルス総称をマルウェアと呼びます。 Malicious Software = 悪意のあるソフトウェア ユーザーに迷惑をかける、悪意のあるソフトウェアをひっくるめてマルウ ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)