1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事

投稿日 : 2018.10.21  |  カテゴリー : AI

20170803

2020年以降無くなりそうな仕事

予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。
・農業
・漁師
・土木
・兵士
・通訳
・レジ係
・役場関係
・ドライバー関係
・レンタルビデオ
・受付・案内業務
・新聞配達員
・郵便配達員

などが予測できます。

ではなぜなくなると予測されるのか。

それは人間よりはるかに仕事効率の良いロボットの導入によるもの。
最近では、スーパーのレジの自動化や、無料翻訳機能の充実、また人間の安全を考慮したロボット(兵士ロボットや、自動運転、無人機)などがあげられます。

すでに人間が働く環境をロボットに奪われる?時代はすぐそこまできているのです。

では逆に2020年以降に残るであろう職業はなにか?
おそらく下記の職業などが今後生き残るものではないかと想定されます。

・エンジニア
・修理工
・製薬会社
etc…

おそらく今後生き残るであろう職業としては主に技術職関係の仕事が多いことが挙げられます。
また今の子供達は技術を身につけなくてはならない状況になっており、今後IT化の進化についていける教育をしていかなければならないのではないでしょうか。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
日産セレナ

車の自動運転レベル

自動運転車 近年自動運転車が大手自動車メーカーから発売されています矢沢永吉さんがCM出演している日産セレナの手を離して運転している姿は皆さんもご覧になったことはあるかもしれません。あちらは日産のプロパイロットというシステムです。 実 ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

アマゾンによる実店舗運営「Amazon Go」

Amazonが新たに「Amazon Go」というサービスを開始しようとしています。 アマゾン主体のコンビニをイメージすると分かりやすいでしょう。 ネットショッピング界最強と言われるAmazon。 現状アマゾンさえあれば消費 ...

ハンバーガーショップで働くロボットさん。

ロボットが支配する世界にまた一歩近づいたのかも? アメリカ、カリフォルニア州にあるハンバーガーチェーンでロボットが導入されたというのです。 「Meet Flippy」と名付けられたこのロボットはMiso Roboti ...

第1回 人類 VS ロボット

第1回 人類 VS ロボット 第1回 人類 VS ロボットのお題は「ルービックキューブ」です。 みなさんは勝つのは人類だと思いますか?それともロボット? ギネス記録保持 ではまずは人類から見ていきましょう。 人類代表はギネス記 ...

Scratch(スクラッチ)の拡張性

注目されるスクラッチ 2020年のプログラミング必修化にが話題となる中、子供向けのプログラミングが注目されています。 その中でも子供向けのプログラミング言語として有名なScratchはプログラミング学習によく活用されています。 我々K ...

空飛ぶ車が空を覆う日

レトロフューチャー(古典未来主義)の世界では当然のように出てくる空飛ぶ自動車。 実際に車が縦横無尽に空を飛び始めたとしたら、車が空を飛ぶことの危険性や法律の大幅な改定の必要性など現実的な壁も多く出てくることでしょう。 しかし ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)