1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事

投稿日 : 2018.10.21  |  カテゴリー : AI

20170803

2020年以降無くなりそうな仕事

予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。
・農業
・漁師
・土木
・兵士
・通訳
・レジ係
・役場関係
・ドライバー関係
・レンタルビデオ
・受付・案内業務
・新聞配達員
・郵便配達員

などが予測できます。

ではなぜなくなると予測されるのか。

それは人間よりはるかに仕事効率の良いロボットの導入によるもの。
最近では、スーパーのレジの自動化や、無料翻訳機能の充実、また人間の安全を考慮したロボット(兵士ロボットや、自動運転、無人機)などがあげられます。

すでに人間が働く環境をロボットに奪われる?時代はすぐそこまできているのです。

では逆に2020年以降に残るであろう職業はなにか?
おそらく下記の職業などが今後生き残るものではないかと想定されます。

・エンジニア
・修理工
・製薬会社
etc…

おそらく今後生き残るであろう職業としては主に技術職関係の仕事が多いことが挙げられます。
また今の子供達は技術を身につけなくてはならない状況になっており、今後IT化の進化についていける教育をしていかなければならないのではないでしょうか。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事
ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

ドローンの有効活用

活躍するドローン ・医療で活躍するドローン スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上 ...

給料と幸福度の高い職業

給料と幸福度の高い職業 米求人サイトのキャリアブリスは、年収10万ドル(約1100万円)以上の職業に限定した幸福度ランキングを発表しました。 ランキング作成にあたり、キャリアブリスは2015年1月から2017年6月1日までに従業 ...

第1回 人類 VS ロボット

第1回 人類 VS ロボット 第1回 人類 VS ロボットのお題は「ルービックキューブ」です。 みなさんは勝つのは人類だと思いますか?それともロボット? ギネス記録保持 ではまずは人類から見ていきましょう。 人類代表はギネス記 ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

日産セレナ

車の自動運転レベル

自動運転車 近年自動運転車が大手自動車メーカーから発売されています矢沢永吉さんがCM出演している日産セレナの手を離して運転している姿は皆さんもご覧になったことはあるかもしれません。あちらは日産のプロパイロットというシステムです。 実 ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

柔らかいロボット

皆さんは柔らかいロボットと聞いて想像できるでしょうか? ロボットといえば金属やプラスチックなどで作られているものを想像してしまいます。 硬い機械というイメージが強いのではないでしょうか? 近年は、柔らかい素材で作られたソフ ...

ハンバーガーショップで働くロボットさん。

ロボットが支配する世界にまた一歩近づいたのかも? アメリカ、カリフォルニア州にあるハンバーガーチェーンでロボットが導入されたというのです。 「Meet Flippy」と名付けられたこのロボットはMiso Roboti ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)