1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 空飛ぶ〇〇

空飛ぶ〇〇

投稿日 : 2017.04.13  |  カテゴリー : テクノロジー

空が飛べたら、、、

東京都内は毎日渋滞していて、この渋滞が無くなって欲しいとか毎日思います。
手塚作品などで空を飛ぶ車などがありますが、まさに欲しくなります。
空を飛ぶ乗り物はヘリコプターや飛行機以外に何があるのか気になり調べてみました。
調べると色々と開発されていたので載せていきます。

空飛ぶバイク


何かにまたがって飛んでます。
こちらはイギリス人発明家のコリン・フルゼ氏は軽量金属フレームに2つのエンジンを搭載した空飛ぶバイクです。
まだジャイロなどの飛行を安定させるためのものはついていないので、飛行が安定せずひっくり返ることもあるようですが、
飛行自体は成功しました。
バイク自体もすり抜けをして渋滞があまり関係ないのに、飛行機能までついたら渋滞は無いに等しいです!
はやく実用化して欲しいものですね。

空飛ぶスケボー


飛んでます、というよりは浮いています。
こちらはトヨタの高級車ブランドのレクサスが開発したホバーボードの「SLIDE」です。
約二年前に発表されたプロジェクトで、永久磁石の上で浮き操作できるものです。
残念ながら市販化はされないようですが、こちらに乗ることができたら自宅から駅までの通勤が楽になりそうですね。

空飛ぶ車


こちらはオランダのPAL-Vで開発された世界初の空飛ぶ車「PAL-v Liberty」です。
こちらの特徴は何と言ってもトランスフォームできること!
走行モードと飛行モードの二つを使い分けることが可能です!
走行モードは時速160キロと軽自動車並みの速さですが、飛行モードでも時速180キロ出せます。
空を飛べれば渋滞は関係ないですね!
免許は運転免許とヘリコプターの免許が必要になりそうですが、渋滞のストレスがなくなると考えれば取得します!
なんとこちらは販売もされていて、フルオプションで6800万円、普通のタイプで4500万円です。
高いですね、、、激しく円高になることを祈ります。

空飛ぶ乗り物が今後もたくさん開発されれば交通や生活での利便性は高くなっていくと思います。
今後もどんどん開発されていくことを願っています。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

ウイルス

マルウェアとその脅威

マルウェア(Malware) コンピューターウイルス総称をマルウェアと呼びます。 Malicious Software = 悪意のあるソフトウェア ユーザーに迷惑をかける、悪意のあるソフトウェアをひっくるめてマルウ ...

アマゾンによる実店舗運営「Amazon Go」

Amazonが新たに「Amazon Go」というサービスを開始しようとしています。 アマゾン主体のコンビニをイメージすると分かりやすいでしょう。 ネットショッピング界最強と言われるAmazon。 現状アマゾンさえあれば消費 ...

念じて飛ばすドローンの誕生か?

念じて飛ばすドローンの誕生か? 映画や漫画の世界で表現されてきた「見えない力」。 誰もが憧れたこの力で物を飛ばせる技術が近い将来実現されるかもしれない。 それは現在、脳内で考えたものをコントロールできる技術が急速に発展して ...

仮想通貨ってお金なの?

仮想通貨を使った事がありますか? 仮想ですから実態を持たないお金であり、多くは特定のコミュニティ内でのみ価値を持ちうるものと言えるでしょう。 インターネットの黎明期から多くのゲームが生み出されてきたネットの世界ではさも当 ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

ドローンの有効活用

活躍するドローン ・医療で活躍するドローン スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上 ...

スポーツ×ドローン

多様化するドローンの使用 近年ドローンの使用方法が多様化しています。 産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されており、需要は、年々急増しています。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パ ...

ついに対決!日米巨大ロボット対決!

ついに対決!日米巨大ロボット対決! 時は2017年10月18日午前11時。ついに待ちに待った日米巨大ロボット対決が始まりました。以前の記事でもお伝えしていました巨大ロボット対決が本当に実現しました。 第1戦  水道橋重工「クラタス」 ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)