1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 作りますか?奪われますか?

作りますか?奪われますか?

投稿日 : 2017.04.28  |  カテゴリー : AI

わたしの仕事、ロボットに奪われますか?

ロボットは人の生活を豊かにするものですが、一方で時に人の仕事を奪ってしまうのではないかと懸念されています。
日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同開発で、『わたしの仕事、ロボットに奪われますか?』というツールが開発されました。
こちらは現在の自分の職業を入れることで、どれくらいの確率でロボットに奪われるのかを試算してくれます。

実際に使ってみた

まずは下のような質問が出るので職業を入れてみます。
試しにオフィスの事務員さんでシュミレーションしてみると、、、

すると結果が、、、

結構44.2%という結構高い数字がでました。
次に下のように細かくチェックをつける項目がありそれにチェックを入れてみます。

すると結果が、、、

なんと66.7%と増えています。
細かく入れると正確にロボットで代用できる仕事かそうではないかを判断してくれるようです。

日本経済新聞の記事によると
このインタラクティブ計算ツールは、米マッキンゼー・グローバル・インスティチュートから得たデータに基づき、仕事の未来がどう変わるか、1つの指標のようです。
現在理論上自動化できる仕事は5%も満たないようです。
実際に自動化できるものも、労働者の人件費よりロボットの方が高く、リスクや責任問題に関しても、人を使った方がいい仕事場合は自動化されることはありません。
もし、技術が導入されたとしても、隅々まで技術が行き渡るまでに8〜28年の歳月が経ってしまうようです。

また、ロボットにはまだできないことはたくさんあります。
芸術家やコメディアンのようなことはできませんし、細かい職人のような作業も確実とは言えません。

しかし安心はできません。実はこの計算の指標を日本国内の業務で考えると50%以上の業務が自動化できてしまうようです。
ちなみに最近だと南部鉄器の一部の作業はロボットで行なっているようです。
職人技の光る伝統工芸品ですら、一部の作業を自動化してしまうほど技術は発展しています。
あと10〜20年経過していけば技術は発展していき、仕事が減ってきてしまうかもしれませんね。

自分の仕事の未来が心配な方々は是非ともこちらのツールにアクセスください。
わたしの仕事、ロボットに奪われますか?

これから必要なこと

ロボットに奪われるのではなく、ロボットを作る側になれば問題はないと思います。
10〜20年後に活躍する人は、今の子供達になります。子供達が失業していく様などはみてられません。
ロボットやプログラミング技術を幼い頃から学ぶことが重要となってきます。
我々Knocknote(ノックノート)ではプログラミングやロボットの学習できる場を提供しております。
是非とも上質なICT教育に触れてはみませんか?
GWの特別イベントも空きが残り僅かとなっております。無料体験授業も行なっておりますので、是非ともご参加ください。
GW特設ページ

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

ドローンの有効活用

活躍するドローン ・医療で活躍するドローン スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上 ...

ラジオ体操は?自由研究は?今どきの小学生の夏休み事情〜2017年(平成29年)〜

夏休みの期間 筆者(30歳)が子供の頃は夏休みは8月31日までで、それはゆるぎないものだと考えておりました。ですが、最近の夏休みはちょっと違うようです。寒い北海道や、暑い沖縄など地域によってちがうのは昔からですが、それがさらに細分 ...

cat

Scratchがすごい

Scratchとは マサチューセッツ工科大学の研究ラボのMITメディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語です。 レゴのようにブロックを繋げていくことでプログラミングができ、初心者から上級者までプログラミングを楽しむことができま ...

プログラミング入門

たった64時間で作りたかった○○が作れるようになる!?

プログラミング学習において大切なこと プログラミングに限った話ではありませんが、努力するにあたって大切なのは期日と目標の設定です。 例えばダイエットをしようとしていて、明日から毎日走るぞー!と決めたとします。 きっと1週間もしたこ ...

2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事 予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。 ・農業 ・漁師 ・土木 ・兵士 ・通訳 ・レジ係 ・役場関係 ・ドライバー関係 ・レ ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

Scratchでスプライトを動かしてみよう

矢印キーで動かしてみよう 前回の記事で動きについて書きましたが今回も動きについてお勉強してみましょう。 動かすためには、座標について理解いていかないといけません。 Scratchでは下の写真のように座標があります。 考え ...

続・柔らかいロボット

前にソフトロボット(柔らかいロボット)について記事を書きました。 柔らかいロボット 今回はその続編を書いていこうと思います。 今回は、ソフトロボットの中でも食べれるロボットに注目しました。 皆さんも疑問を感じたと思います。 ...

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」

遊びながらプログラミングが学べるロボット「MatataLab」 アメリカの企業が開発した、遊びながらプログラミングを学ぶことができるロボットキット「MatataLab」は様々なコマンドを持つブロックを専用のボード上に並べると、 ...

Scratchで『その他』のブロックを使ってみよう

紫の『その他』のブロック 皆さんの中でその他のブロックって何だろうと思ってる人もいるかもしれません。 何に使うのかが、イマイチわからない、、、 そんな方でも大丈夫です。今ここで解決しちゃいましょう。 では早速、下のようにスクリプ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)