1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 作りますか?奪われますか?

作りますか?奪われますか?

投稿日 : 2017.04.28  |  カテゴリー : AI

わたしの仕事、ロボットに奪われますか?

ロボットは人の生活を豊かにするものですが、一方で時に人の仕事を奪ってしまうのではないかと懸念されています。
日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同開発で、『わたしの仕事、ロボットに奪われますか?』というツールが開発されました。
こちらは現在の自分の職業を入れることで、どれくらいの確率でロボットに奪われるのかを試算してくれます。

実際に使ってみた

まずは下のような質問が出るので職業を入れてみます。
試しにオフィスの事務員さんでシュミレーションしてみると、、、

すると結果が、、、

結構44.2%という結構高い数字がでました。
次に下のように細かくチェックをつける項目がありそれにチェックを入れてみます。

すると結果が、、、

なんと66.7%と増えています。
細かく入れると正確にロボットで代用できる仕事かそうではないかを判断してくれるようです。

日本経済新聞の記事によると
このインタラクティブ計算ツールは、米マッキンゼー・グローバル・インスティチュートから得たデータに基づき、仕事の未来がどう変わるか、1つの指標のようです。
現在理論上自動化できる仕事は5%も満たないようです。
実際に自動化できるものも、労働者の人件費よりロボットの方が高く、リスクや責任問題に関しても、人を使った方がいい仕事場合は自動化されることはありません。
もし、技術が導入されたとしても、隅々まで技術が行き渡るまでに8〜28年の歳月が経ってしまうようです。

また、ロボットにはまだできないことはたくさんあります。
芸術家やコメディアンのようなことはできませんし、細かい職人のような作業も確実とは言えません。

しかし安心はできません。実はこの計算の指標を日本国内の業務で考えると50%以上の業務が自動化できてしまうようです。
ちなみに最近だと南部鉄器の一部の作業はロボットで行なっているようです。
職人技の光る伝統工芸品ですら、一部の作業を自動化してしまうほど技術は発展しています。
あと10〜20年経過していけば技術は発展していき、仕事が減ってきてしまうかもしれませんね。

自分の仕事の未来が心配な方々は是非ともこちらのツールにアクセスください。
わたしの仕事、ロボットに奪われますか?

これから必要なこと

ロボットに奪われるのではなく、ロボットを作る側になれば問題はないと思います。
10〜20年後に活躍する人は、今の子供達になります。子供達が失業していく様などはみてられません。
ロボットやプログラミング技術を幼い頃から学ぶことが重要となってきます。
我々Knocknote(ノックノート)ではプログラミングやロボットの学習できる場を提供しております。
是非とも上質なICT教育に触れてはみませんか?
GWの特別イベントも空きが残り僅かとなっております。無料体験授業も行なっておりますので、是非ともご参加ください。
GW特設ページ

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

2020年以降無くなりそうな仕事

2020年以降無くなりそうな仕事 予想されるなくなる仕事・なくなる職業について、下記の職業がなくなるのではと予測されます。 ・農業 ・漁師 ・土木 ・兵士 ・通訳 ・レジ係 ・役場関係 ・ドライバー関係 ・レ ...

プログラミングを学ぶ2つの必要性

プログラミングを学べば生涯仕事に困らない? 「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを約束しよう」とFacebook元役員のChamath Palihapitiya氏は語っています。 昨今、プログラミングを学ぶ必要性 ...

KURATAS

子供の頃に夢見たロボット

未来のロボット 未来のロボットといえば、手塚治虫氏の鉄腕アトム、機動戦士ガンダム、トランスフォーマー、ドラえもんなど様々なロボットが思い浮かべることができると思います。 現代で活躍するロボットといえば、コミュニケーションロボットのPep ...

日産セレナ

車の自動運転レベル

自動運転車 近年自動運転車が大手自動車メーカーから発売されています矢沢永吉さんがCM出演している日産セレナの手を離して運転している姿は皆さんもご覧になったことはあるかもしれません。あちらは日産のプロパイロットというシステムです。 実 ...

ついに対決!日米巨大ロボット対決!

ついに対決!日米巨大ロボット対決! 時は2017年10月18日午前11時。ついに待ちに待った日米巨大ロボット対決が始まりました。以前の記事でもお伝えしていました巨大ロボット対決が本当に実現しました。 第1戦  水道橋重工「クラタス」 ...

ロボット活用ナビ

ロボット活用ナビ

国もロボットに本気 経済産業省は2017年3月29日に日本ロボット工業会とともに『ロボット活用ナビ』を発表しました。 ロボット活用ナビでは、ロボットの活用に関するさまざまな情報を集めたポータルサイトで、実際にロボットが稼働している現場の ...

Scratch初級編〇〇歩の使い方

はじめに Scratchで『〇座標を〇〇ずつ変える』と『〇歩動かす』の違いがいまいちわからないって思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんなあなたに違いを説明していきます。 スクリプトを作ろう 最初におなじみの猫をもう一 ...

exponential

シンギュラリティ(技術的特異点)とレイ・カーツワイル氏

シンギュラリティ、それは2045年と予測されている、人工知能が人間の能力を超える技術的特異点のことです。 人間がAIやナノテクノロジーなどとの融合により人間の成長曲線が無限大になる点、特異点に到達することです。パラダイムシフトとも言い ...

プログラミングを習う意義とは?

弊社が運営しているプログラミングスクール「Knocknote Education」では、講師が全員現役のプログラマーである事を強みとして「どうなってるの?」を「分かった」に変えられるだけの力と環境が揃っています。 プログラムは果た ...

子供も喜ぶ世界のクリスマス3選 2017

クリスマスが近づくと、なんだか街もイルミネーションで煌めきはじめ、ラジオではクリスマスソングが流れ、いつしかクリスマスの雰囲気に包まれているものです。子供はもちろん、大人もなんだかワクワクするものではないでしょうか。 実際時が来てしまえば ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)