1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 偶然の一致?!日本語と外国語で意味が似ている言葉

偶然の一致?!日本語と外国語で意味が似ている言葉

投稿日 : 2017.06.26  |  カテゴリー : 雑学

knocknoteコラム20170626

世界でも共通する単語や事象がある

世界には様々な言語、単語、発音があるわけですが、全くの他言語ながら日本語と外国語で似たような意味を持っていたり、関連性が高いと思えるような単語が多くあります。

例えば別れの時の挨拶である「バイバイ」。
英語でも「Good bye(グッバイ)」と使いますね。
とは言えこれは元の英語を日本人が使い始めたのですから、似たような発音で似たような単語になるのは当然の流れですかね。

では次。
「buy(バイ)」という単語は日本語では「買う」で「かう」と読みますね。
しかし「売買」と綴ると「バイバイ」とも読め、これまた似たような発音で似たような意味となります。
これもちょっとこじつけ感がありますが。

日本語と英語には似たような言葉が多い

日本語と英語には奇妙に一致している類似した単語が多く存在します。
もちろん中には、そもそも英語を語源とした日本語や、その逆も然りといったところでしょう。

「なまえ」と「name」
「設定」と「setting」
「台風」と「typhoon」
「道路」と「road」
等。

世界各地にも似たような言葉がある

英語に限らず他言語でも偶然の一致は沢山あります。
その一例を列挙してみます。

●ポルトガル語
ポルトガル語の「obrigado!」は日本語での「ありがとう」。
やや苦しいですが意味・発音共にどちらも似ています。

●マレー語
驚いた時の感嘆文「あらまぁ!」
マレーシアやシンガポールで話されるマレー語では、驚いた時に同じように「alamak!(アラマッ)」。

●ハンガリー語
塩気がないこと、塩が足りない事を「シオタラン」というそうです。
まるで日本語で「塩足らん!」といっているようです。

●韓国語
「バッテリー(の電池)が無かった」を意味する言葉は、韓国語ではなんと「バッテリガ ナガッタ」と発音するそうです。
まるまる一緒ですね。この部分は日本語で発音しても通じそうです。

●台湾語
職に就いていない人の事を日本では「プータロー」等と呼称します。
語源は諸説あるようですが、台湾ではそのような人の事を「無頭路」と書いて「プータロー」のように言うようです。
偶然の一致か。「無頭路」は日本のプータローを語源としているのか。

●ドイツ語
あまり興味の無い話を受け流す時に使う「あっ、そう」。
ドイツ語でも似た意味で「Ach so」と書いて「あっそう」のように発音するようです。

●アラビア語
「あなた」の事をアラビア語では「Anta(あんた)」と言います。
初対面でいきなりAntaなんて言われたら、ちょっと困惑してしいそうです。
ちなみに魚のブリはアラビア語でもブリと発音するとのこと。

発音は似ていないが・・・?

次の例は発音は全く一致しませんが、奇妙な面白い偶然です。

●イタリア語
イタリア語では大衆食堂の事を「taberna」と言います。
tabernaと書いて「タベルナ」。
大衆食堂に行って「食べるな!」とは、、、ではどこに行けば・・・

●アラビア語
タバコを意味する「スイガーラ」。
cigar(シガー)が語源でしょうか。
吸い終わったタバコの事を吸い殻(スイガラ)と言いますよね。

勉強しなくても覚えられる単語があるのは便利だ

外国人と会話しててやたら日本語を知ってるなーと思ったら実は偶然似ていただけ、なんて事も少なからずあるかもしれませんね。

おまけ:筆者(福岡出身)の地元ネタ

博多弁で「しかし・だけど」のことを「ばってん」と言います。

例:「外に遊びに行きたかー。ばってん風邪ば引いとぉけん家におらんな。。」といった感じで。
意味はなんとなく察していただけると思います。

そして英語にも「but then」という言葉があります。
but then(バッデン)と発音し、「しかし・そうは言っても」という意味になります。
方便である上実に局地的な偶然の一致ですが、こんな例もあるんですね。

この記事を共有する
  • facebookでシェアする
  • ツイッターでつぶやく
  • LINEで送る
関連記事

魅惑の火星探索 PT.1

遠いようで近い星、近いようでやはりとても遠い星、火星。 人類が辿り付けそうで辿りつけない、そんな火星には様々なロマンやオカルト話が付き纏うものです。 火星とは 太陽系惑星として地球の次、第4番目に位置する地球型惑星。 地球の ...

2017年人気記事ランキング TOP10

街もクリスマスムードに包まれはじめ、そろそろ2017年も年末モードに。ここ一年間の弊社のコラムTOP10を紹介したいと思います! では早速いってみましょう! 第10位 200年ぶりに新しい”青色”が発見された! 新しく発見さ ...

月の不思議(パート1)

月 月は宇宙でももっとも身近な存在であり、常に我々の興味をひいてきた。 地球を周回するただ1つの衛生。 直径は地球の4分の1であり、太陽の400分の1の大きさなのに地球から見た太陽と月は同じ大きさである。これは丁度、地 ...

子供も喜ぶ世界のクリスマス3選 2017

クリスマスが近づくと、なんだか街もイルミネーションで煌めきはじめ、ラジオではクリスマスソングが流れ、いつしかクリスマスの雰囲気に包まれているものです。子供はもちろん、大人もなんだかワクワクするものではないでしょうか。 実際時が来てしまえば ...

よい決断力が身につく方法

判断力と決断力の違い 深く考えないと《判断》と《決断》は同じような意味にとらわれがちだが、全く意味が違う。 例えば買い物で『Aみかん』と『Bみかん』があり 『Aみかん』は品質が劣るが安い 『Bみかん』は品質は良いく高 ...

焼き込みカラー(描画モード)

焼き込みカラー 「Photoshop」や「After effect」にある描画モードについて毎週1つずつ解説していきます。 今回の「焼き込みカラー」は、基本色を暗くして、基本色と合成色のコントラストを強くします。暗いところはより ...

見えますか?見えませんか?

「ステレオグラム」というものがあります。 「立体画」や「マジカルアイ」とも呼ばれます。 一見するとただの不規則かつ不気味な画像ですが、とある見方をすると立体的な絵が浮いて見えてくるというものです。 正確に見るには意識して両目を使う ...

【症状別】苦手克服法part1

人は誰でも成長していく段階で壁にあたるものです。今回はそんな時にポイント別にどうすれば克服できるのかを調べました。自分を客観視して、ダメなところをきちんと受け入れる事はとても大事な事です。悩みや課題がある方も、前向きに捉えて成長を楽しみまし ...

「〇〇初め」「初〇〇」は元日ではなく、1月2日に?

事始めは元日ではなく、2日から キリの良さから、「新しいことを元日に始めよう!!」という人もいるかもしれません。 ですが元日とは「心静かに過ごし、あまり行動を起こさない方が良い」と言われています。 そして、翌日の1月2日の事始 ...

意外と知らない「正月」のあれこれ

あけましておめでとうございます。 さて早速ではございますが「正月」のあれこれについて記述したいと思います。 「正月」の由来 まず、正月の語源は、様々な説があります。 仏教の修正会が1月にあったため「正すための月」であ ...

Knocknote Education(ノックノートエドゥケーション)